プロミス等でお金を借りる際、審査のために用意しないといけない書類とは?

プロミスだけでなく、どの消費者金融でも融資を申し込む時に、本人確認書類は必要不可欠な書類になっています。

本人確認書類以外は・・・

本人確認書類は身分証明書であり、それが用意できない人については基本的に審査を受ける事ができませんので、融資を受けることはできません。そのため、消費者金融業者を利用してお金を借りようとしている人であれば必ず提出する必要があります。さらに、高額の融資を受ける際に必要となるのが収入証明書です。

これは必要不可欠なものではなく、消費者金融業者の場合は、50万円を超える金額の融資を申込んだ時に用意する必要があります。
また、他社から借入を受けていて、申込んだ金額と借入金額の合計が100万円を超える場合にも必要があります。

消費者金融業者の審査に利用できる本人確認書類

本人確認書類としては、主に
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証+住民票

などが該当します。これらの書類の中で1点、消費者金融業者への申込時に用意するということになります。これらの書類がない場合には

・住基カード
・印鑑証明書

などでも代用できる場合もあります。融資を受けようとする消費者金融業者によって、どの書類が必要なのかは違ってきますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

本人確認書類が必要な理由は・・・

申込人の住所と氏名が事実か判断する必要がありますので、個人情報の裏付けができる書類である必要があります。そのため、住所が確認できない書類については本人確認書類として認められません。

消費者金融の審査で利用される収入証明書について

収入証明書は基本的に

・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書

などが該当します。こちらも本人確認書類と同じく、この中からどれか1点を提出することになりますが、本人確認書類と違い、直ちに用意することが難しい場合が多いです。この中では給与明細書が1番用意しやすいですが、

一部の消費者金融業者では、給与明細書は使いにくい・・・

収入証明書として認められなかったり、直近数ヶ月分が必要だったりという条件が設定されています。収入証明書は、常に保管するような書類ではないので、高額のお金を借りることを考えているのであれば事前に用意しておきましょう。