▽プロミスでは電話以外の方法で在籍確認を行う事も出来ますが・・・

つまり書類などで在籍確認の審査を進む事ができるのですが、

実は・・・プロミスの在籍確認はプロミスの名前で電話をかけてくることはないんです!

どこの消費者金融でも、
申込者の職場に在籍確認をする必要があります。

それは、返済の元手となる給料の支払いに問題がないかどうかを確認するためであり、記載された職場に在籍しているかどうかの確認電話は必須事項となるのです。でも、電話がかかってきた際にローン会社の名前を告げられるのに不都合な場合もありますよね。プロミスでは、そんな不安や心配はありません。

電話をかける際には、プロミスの名前ではなく、プロミスの担当オペレーターの個人名で掛けるようになっています。

また、電話がかかってくること自体が不都合な方もプロミスなら安心です。

プロミスなら在籍確認の電話を他の手段で確認してもらう相談をすることができます。

在籍確認の電話は申し込み後知らぬ間に掛かってくるわけではありません。在籍確認の電話の前のタイミングで、他の手段の相談をすることができるのです。これからその手順をご紹介しますね。

 

①ネットで申し込む→

②審査後、申し込み内容確認の電話が本人の連絡先に掛かってくる

③→この電話で「会社への在籍確認は避けたい」という旨を伝える→

④オペレーターから別の確認方法の案内がある→

⑤案内された通りに準備をし在籍確認を済ませる→

⑥審査完了オンライン契約へ

このようなサービスが行き届いていると、申込者も安心ですね。もし、こうした手順が面倒だという方は、通常通りの会社への在籍確認でもプロミスの名前を知られることなく、オペレーターの名前のみで在籍確認ができるので、それで問題がなければプロミスの名前を知られる心配はありません。

 

▽誰にも知られることなく申し込み可能なWEB完結も対応できます!

プロミスでは、前述した通り安心できる在籍確認方法があり、その他のサービスでも他社のサービスを上回る配慮がされています。

例えば、初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWEB明細利用)も嬉しいですし、全て女性オペレーターが対応してくれるレディースキャッシングというサービスは、女性の利用者が安心できる嬉しいサービスです。即日融資というのも、他社の先を行くサービスで、その場でお金が必要という方や、働く女性の方にもプロミスは有難いローン会社といえるでしょう。

(※即日融資は、申し込みの時間帯・曜日によっては当日融資ができないケースもあります。実質年率:年4.5%〜17.8%/借入限度額:最高500万円)

 

▽会社の電話受付担当者に気づかれるかもしれない。

プロミスの在籍確認は徹底しているので安心。
消費者金融では在籍確認の電話は必ず必要なものです。実際にプロミスで融資を受ける場合にも、
在籍確認をなくして融資を受けることは不可能です。その他の消費者金融も、在籍確認の電話は必ず掛かってくるので、

プロミスの在籍確認が会社への電話以外でも確認を取ってもらえるサービスはとても有難いカードローンですね。
ということで、在籍確認での懸念材料はプロミスでは一切ないのです。プロミスの在籍確認では、
プロミスという会社名が出ることは一切ありません。

担当オペレーターの個人名で電話がかかってきます。
更に、非通知設定で電話がかかってくるため、プロミスからの番号が会社に残るということもありません。非通知設定なので、
電話担当者からの折り返しの電話を掛けるということも不可能です。ということは、会社の人から電話で
確認を取られる心配もないのです。

そして、本人が電話口に出てからの会話内容も「お申し込みありがとうございます。
これで在籍確認終了です。」というシンプルな内容ですので、電話の時間も短時間で済み、「了解しました」などの一言の
返事で済むようになっているので、会話内容から融資の申し込みを知られる心配もないのです。
会社への在籍確認で電話の内容を会社の人に訊かれた場合の心配がある場合には、事前に答えを用意しておくと安心です。
保険の営業だったとか、子供の学校関係の話だとか、親族関係の急な報告だとか。もし、それでも不安がある方は、
事前にプロミスに相談をすることができます。例えば、大企業のアルバイト勤務で電話口担当者の方が自分の在籍を認識
していない可能性もあります。こうした懸念があるときにも、プロミスでは前述したように会社への電話以外の手段で、
在籍確認をすることができますので、申し込み内容確認の電話口で相談をすると良いでしょう。

 

▽派遣社員の場合、在籍確認の電話はどこにかかってくるのか。

派遣社員の方が申し込みをした場合には、在籍確認の電話は基本的に派遣先になります。しかし、派遣先だと都合が悪いということもあるので、プロミスでは派遣元に在籍確認をしてもらうよう相談することができます。ここで注意したいのが、派遣元の電話担当者が自分の在籍を認識している必要性があるということです。行き違いや勘違いなどで、在籍確認が否決になっていしまうということもあり得るので、気をつけましょう。

 

▽プロミスの本領発揮!在籍確認を電話以外の手段で回避するサービスの多様性。 在籍確認を無しにしてもらうということは不可能ですが、自分が電話を取れるように在籍確認の時間指定をすることはできます。
プロミスでは、在籍確認の不安を少しでも減らせるように時間指定の相談にも乗ってくれるので助かりますよね。
こうした工夫をするだけで、不安や心配を解消できます。プロミスの在籍確認は、このように個人名で更に非通知設定で
行ってくれますが、同じような融資を受けたことがある人や、なぜ個人携帯にかけてこないのだろうと勘ぐる人がいるかも
しれません。
そうしたことから、絶対に会社に知られることはないと断言することはできませんが、大切なのは、いつも通りに仕事に取り組みその中で在籍確認の電話にもスムーズに対応し、万が一に誰からの電話かを問われた時に答えられる回答を持っておくことで、会社の人にプロミスからの在籍確認の電話を知られることはないでしょう。

 

▽在籍確認と総量規制の関係性。

総量規制とは、業者がお金を貸し過ぎたり、債務者が借り過ぎてしまうのを防ぐためのルールです。その債務者が多重債務にならないよう、また、業者側の貸し倒れのリスク排除のため、在籍確認で在職がきちんと認められ、返済に問題ない給与があるのかということを確認するのはとても重要なのです。総量規制のルールである、年収の3分の1以下で融資をするというのは例外がないわけではありません。

 

▽総量規制の特例ケースのためのプロミスの商品の数々達!

大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスには、一般のフリーキャッシング以外にも、目的別ローン、自営者カードローン、貸金業法に基づくおまとめローンなどの商品もあります。その中でも自営者カードローン、貸金業法に基づくおまとめローンは、総量規制の特例のケースための商品なので、最大で年収の3分の1以上の借り入れが可能になります。

 

▽目的別ローン。

目的別ローンとは、借り入れを行う際のお金の使用目的が、結婚資金であったり、教育資金であるなど、明確に目的が定まっている時に利用できるローン契約です。目的別ローンは、フリーキャッシングとは別に契約をする必要があり、限度額は最大300万円。この契約は追加の借り入れはできず、基本的に返済専用のローン契約になります。プロミスの金利は、フリーキャッシングをはじめ他のローン契約でも最大17.8%ですが、この目的別ローンだけは最大金利が16 .5%と低くなっています。

 

▽自営者カードローン。
自営者カードローンはその名の通り、個人事業者が対象のローンになります。

事業資金の目的で融資を行うことができます。
個人事業主に対する融資は総量規制の特例ケースにあたるため、そのための商品になっています。
借り入れ限度額は目的別ローンと同額の最大300万円。この自営者ローンを契約する際には、
事業計画書や収支計画書などの事業を証明するための書類が必要になります。
他にも返済期間や追加融資が可能かどうかなどの条件は個別に契約をする必要があります。

 

▽貸金業法に基づくおまとめローン。最後に他者からの借り換えとなるおまとめローンのご紹介です。
この商品も総量規制の規制にとらわれることなく融資を受けることができるローン契約です。
顧客に対し一方的に有利な借り換えに際し、総量規制の特例にあたります。そのため、
審査能力に長けるプロミスでおまとめすることができるのです。
この貸金業法に基づくおまとめローンは返済専用ローンで、この借り入れを行う際には、収入証明書は必須書類になります。
必要になる理由は、複数の借り入れをまとめて一つにした額の融資ということになるので、総量規制の例外だと言っても、
返済能力を見極めるのは重要なことなのです。このおまとめローンは、総量規制適用外の銀行でも扱われている商品です。
それは、おまとめローン自体に適用される法律が異なるからです。数多くの取り扱い業者の中でも、
プロミスのおまとめローンは最低金利が6.3%と一番低い設定金利になっています。この金利は、借り入れ金額が大きくなるほどに低い金利に設定になるので、消費者金融で高額のおまとめローンを考えている方には、プロミスのおまとめローンが断然お勧めです。

 

▽在籍確認の電話を避ける方法ってもっとないの?

前述で、プロミスの在籍確認の電話を他の手段で確認してもらう相談が可能だということを説明しました。他の業者ではこうした相談には乗ってもらえないのでしょうか?アコムでは、申込者の在籍会社が休業日の時のみ、在籍確認の電話ではなく、書類で確認をしてもらうことができます。必要になる書類は、直近の給与明細、健康保険証で、在籍会社が休業日というケースのみで、在籍確認を書類で確認してもらうことができるようです。このように、アコムでは原則在籍確認は電話のみの対応で、確認電話の対応時間に休業している会社に勤めている人のみが書類での確認。というように、プロミスがいつでも相談できるというのはとても大きなメリットになりますね。