新入社員が働き始める4月、5月は何かと入り用です。
スーツや鞄、シャツなど様々な仕事用具を揃えなければいけないのに給料は安いので、ポーナスが出るまでキャッシングに頼りたくなると思います。
新入社員がキャッシング審査に申し込む際の注意する点&ポイントについて解説します。

 

・勤続年数のスコアリングポイントが低くなる
キャッシング審査を受けるときには必ずスコアリング審査に合格しななければいけません。
スコアリング審査はあなたの勤務先、年齢、勤続年数などを点数化しますが、勤続年数や年齢については新入社員のうちはスコアリング点数が低くなります。
スコアリング点数が低くても審査に通りやすいキャッシング業者を選択する様に注意が必要です。

 

・消費者金融に申し込む
キャッシングでは銀行カードローンの方が金利は低いのですが、銀行カードローンはスコアリング審査で求められるポイントが高いといった特徴があります。
新入社員の内は審査通過が難関ですので、比較的審査の緩い消費者金融に申し込んだ方が審査通過の可能性を上げる事が出来ます。
大手消費者金融より中小消費者金融の方がより審査に通過しやすいので、狙い目の業者を見つけることも大切なポイントです。

 

・希望借入金額は少なめに申告する
新入社員の内は年収も不確定のため、融資を行う業者側もリスクを気にします。
希望借入金額はなるべく少なめに申告するといいでしょう。
10万円以下の希望借入金額でしたら審査のハードルが下がり、比較的簡単に審査通過を達成する事が出来ます。

 

新入社員の内はスコアリングポイントが低くなることに注意し、希望借入金額は低く申告すのがポイントです。
審査の甘い消費者金融を探すことも1つの手法です。
注意する点&ポイントに気をつけて、上手く審査通過を成し遂げてください。