基本的に専業主婦の方は消費者金融を利用することができません。専業主婦は無収入なので無職扱いとなりますし、
消費者金融には総量規制と言う融資制限があるためです。
年収の3分の1と言う融資制限は、収入がない専業主婦の方には酷な制限です。

しかし、消費者金融のような総量規制の影響がない金融機関が多くあります。
それは銀行です。
メガバンクやネットバンクの中には「専業主婦専用カードローン」というローン商品を提供していることがあります。
最近は低金利をウリにして信用金庫などもカードローンに参入しています。

このような総量規制の影響を受けないカードローンのことを「総量規制対象外カードローン」と言います。
総量規制の対象外になるのは、商工ローンが提供している自営業者の事業用資金向けカードローンも同様ですが、専業主婦の方は利用できません。
そのため、専業主婦の方がカードローンを利用したい場合には銀行などのカードローンを利用することになります。
もちろん専業主婦の方は旦那さんの収入で生活しているわけですから、返済原資も旦那さんの給料です。
そのため、融資限度額はパートで働いている主婦の方より少ないことは当然です。

旦那さんの職業などにも依存しますが、最高でも50万円程度が融資限度額の上限になります。
また、カードローンの金利は融資限度額と反比例していますから、専業主婦の方は一番高い利率を適用されることになります。
このような不都合はあるものの、旦那さんなどに内緒で自分の支払をしたい場合にはカードローンは便利です。
使い過ぎには十分気を付けて、本当に必要な時にだけ、最低限の利用に徹することが大切です。
そして、旦那さんの給料日には全額返済することが、高利率が苦にならないコツでもあります。
ですが、旦那さんに内緒で借りるのはなく、きちんと同意があって借りるのであれば、プロミスやアコムはおすすめです。急な出費でも銀行よりも審査が早く甘い傾向にある為、利便性が高いです。
自分の今の状況に応じて上手な借り入れをしましょう。