カードローン審査で聞く仮審査、初めて利用する人は何のことかわかりませんよね。

仮審査には行程があり、審査内容や申し込みの際の注意点を守らなければいけません。

仮審査について解説します。

仮審査の行程

仮審査は、

(1)ネットで年収、居住形態、勤続年数、借入先件数など細かく入力
(2)カードローン業者が社内システムで情報から審査結果を出す

行程のことを言います。

入力した内容だけで審査を行うことが仮審査になります。

仮審査では信用情報機関のチェックは行われない?

仮審査の段階ではまだ融資できるか、業者も計算している最中です。

一方で信用情報機関にあなたがどのような契約をしているかを照会すると、信用情報機関に照会した情報が残り、更に年間の手数料が上がるといった弊害が金融機関に残ります。

そのため、仮審査の段階では殆どのカードローン業者が信用情報機関のチェックを行いません。

仮審査の申込の際の注意点

申込の際の注意点をとして、誤入力を行わないように気をつけなければいけません。

誤入力を行ってしまうと、仮審査のまま本審査に入ってしまい、そこで辻褄が合わなくなることがあります。

特に借入先件数を間違えて少なく入力すると、嘘をついていると思われ審査に落ちることになるので注意が必要です。

仮審査は申込の内容で審査する、システムを使った審査になります。

申込を行ったら、すぐに審査に入りますので入力内容は間違えないようにしましょう。