消費者金融が無い時代、お金を借りるというと友人や親戚、貸付金制度を利用してお金を借りるくらいしか方法がありませんでした。

今でも会社に貸付金制度を用意している所はあるかと思います。

貸付金制度で会社からお金を借りる場合に気をつけるべき点について解説します。

会社から貸付金制度でお金を借りると、会社を辞められない

会社が貸付金制度を用意していて利用した場合、それは会社にとって『貸し』になってしまいます。

本来会社と従業員は対等であり、ブラック企業であれば辞める事由が従業員には備わっています。

貸付金制度を利用することによって、職業選択の自由が奪われてしまうでしょう。

ブラック企業であっても辞めにくくなるのは気をつけなければいけません。

貸付金制度を利用すると出世に響く

「会社から借金」をしている人は、はっきり言って普通ではありません。

同じ位仕事が出来る人でも、会社から借金をしている人としていない人がいれば、後者を評価するでしょう。

貸付金制度を利用するのは得をするかもしれませんが、長期的に見ると大損をする可能性があります。

貸付金制度利用で苦しくなる

貸付金制度利用をするのは、生活が苦しくなるからだと思います。

会社の貸付金制度は給料から天引きされますので、翌月の給与が少なくなるものです。

給与が少なくなるのであれば、当然来月の生活も苦しくなる事になります。

会社の貸付金制度はあまりいい事ばかりではありません。

特に出世に響くのは取り返しがつかなくなりますので利用の際は良く検討してから行いましょう。