プロミスの解約をしたい、契約解除をしたい時、その方法と判断基準は気になるところです。

プロミスの解約と契約解除の判断方法についてお教えします。

プロミスの解約の方法

プロミスを解約するには、

a.プロミスのフリーダイヤルにかけて解約手続き
b.店頭に赴いて解約手続き

の2つの方法があります。

解約をするには完済をしておかなければいけません。

ただし端数の入金はATMではできませんし、金利もかかりませんのでコールセンターや店頭で指示を仰ぐ必要が出てきます。

プロミスを契約解除しない方がいい時

またすぐ使う時など、契約解除をしない方がいい場合があります。

プロミスの審査を再び受け直す必要がありますので、煩わしい事と審査に通過するかはその時の状況次第です。

今後の使用状況を考えてから解約するか判断しましょう。

契約解除をした方がいい時

完済しても、契約が残っている状態では他のローン審査に影響が出ます。

住宅ローンや教育ローンなど大切なローン審査の時、プロミスの契約があると通過しない可能性もあるのです。

より信用情報を良くしたい時は契約解除をするといいでしょう。

プロミスの解約、契約解除はその時その時の判断で行ってください。

半年間は使う予定がないなら契約解除がオススメです。

契約解除すれば、銀行カードローンなど他のローン審査に通過する可能性も高くなります。

完済したらカード整理したほうが、今後の為になるでしょう。