SMBCコンシューマーファイナンスのブランド、プロミスは審査に通りやすい消費者金融と言われています。

どの位審査に通りやすいのか、本当に審査に通りやすいのか真偽の方が気になりませんか。

プロミスの顧客属性と審査通過率について解説します。

プロミスの顧客属性を読み解く

2017年度のプロミスの開示資料をみると、新規顧客の性別は、
男性 67.1%
女性 32.9%
となっています。

男性が多いというのは、ある程度予想通りの割合と思われます。

新規顧客の年収は、
200万円未満 21.2%
200万円〜299万円 26.1%
300万円〜399万円 27.1%
400万円〜499万円 13.5%
500万円〜599万円 5.5%
600万円以上 6.7%
となっています。

顧客属性からわかること

顧客属性の構成比をみると、400万円以上の層から割合が極端に少なくなっていく事がわかります。

これは、年収400万円を境に銀行カードローンに流れるようになるため、プロミスに申しこむ層が少なくなるためと考えられるようです。

逆に言うと年収400万円以下の人は消費者金融に申し込まざるをえないので、年収が低い人に寛容なのがプロミスの審査と言えるでしょう。

プロミスの2017年度審査通過率

プロミスの2017年度の審査通過率は、41%〜44.3%で推移しました。

この数字は前年度と差はないでしょう。

一番審査通過率が高かった月は8月、ついで5月です。

逆に低い月は12月、1月になります。

審査に通りたいのであれば、この時期は避けた方が無難でしょう。

プロミスの顧客属性と審査通過率、調べてみると面白いことがわかってきます。

開示情報を分析して、時期や属性を審査の味方につけてください。