プロミスでお金を借りたいと考えるタイミングとして休日が多いようです。

カード払いができる店舗が多い昨今の状況ですが、ちょっとしたドライブで田舎のほうに行くと宿泊施設も含めてカード利用ができないことが多いようです。
できればそのような不安を持ってドドライブに出かけたくはないでしょう。

しかし、プロミスのような消費者金融では在籍確認の電話があります。勤務先に電話をして給料を確実にもらっていることを確認しないと貸付はできないのです。しかし、土日の申込では在籍確認のしようがありません。

プロミスは即日融資ができる消費者金融ですが、審査手続の最後である在籍確認ができないと即日融資はできません。

と言っても、最近のプロミスは対応が柔軟になっており、審査内容によっては在籍確認の電話の代わりの方法でも在籍確認をするようになりました。審査内容がある程度問題ないと判断された場合です。

書面とはいえ難しいものでは無く、健康保険証と過去数か月分の社名入りの給与明細で事足ります。健康保険証は、会社に勤めていない限り持っていないはずですし、給与明細があれば給料をもらっていることは一目瞭然でしょう。

実際にプロミスに申込手続をするのは、スマホ経由で可能です。また、申込確認の電話があった際に休日だから在籍確認の電話を省略して欲しいと言えば、先ほど述べた書類の有無を聞かれるでしょう。

持っていると答えれば、そのまま審査手続は進みます。運転免許証などの身分確認書類と一緒にプロミスから指示のあった健康保険証などの写真を送信すれば、手続は終わります。

審査に通れば即日融資ができます。最後にカードを無人機店舗で受け取れば即日融資できます。

休日であってもお金を急に借りたいという需要は多いです。プロミスはそのような場面にもきちんと応えてくれます。

土日などの休日に申込みから仮契約までは可能なので、半ば諦めている方も安心して申込みできます。月曜日に在籍確認の審査を行い、本契約ができますので、その間の一時的な融資があるのはとても助かりますね。

一時的な融資の金額が幾ら程度なのかは多少の個人差があるようですが、一般的な問題のないサラリーマンの場合であれば5万円~10万円程度が多いようです。それくらいの金額があれば土日の週末はなんとか凌げるのではないでしょうか。

初回のプロミス利用であれば、30日間無利息になりますので、すぐに返済してしまえば一切の損はなく借り入れができるという事になります。休日を凌ぐためだけの融資であれば少額なのですぐ返済してしまう人も多いようです。