即日融資、最短でお金を借りる方法としては、審査が早い消費者金融、中でもプロミスがやはり便利です。

お金を借りる必要がある時は、当然時間を選びません。

一般的にはクレジットカードの引落日に残高不足になっているような場合が多いでしょうが、

休日のデート等でもお金を借りる必要がある時はありますよね。

そんな時に消費者金融の即日融資は力強い味方になってくれるはずです。

しかし、即日融資を宣伝している消費者金融のすべてが、365日即日融資できるとは限りません。

即日融資の方法としては、契約者名義の口座への振り込みが多いでしょうが、これができるのは平日の昼間だけです。

それぞれの消費者金融で指定されてる銀行口座を所有してる場合はこの限りではなく、土日でも即日振込に対応しています。

指定の銀行に口座があれば勿論それが一番早いのですが、もし無い場合はやはり土日のデート資金や夜の飲み会の資金を即日で借りることは難しくなります。

しかし、大手消費者金融は別の方法で即日融資を実現できます。

その中でも低金利で人気のプロミス等は無人機店舗があります。

WEBから借入申し込みを済ませておき、この無人機店舗で現金を引き出す方法が一番早く借り入れできます。

この方法であれば土日、祝日や夜間でもその場でローンカードの発行が可能なのですぐに現金を手にする事ができます。

また、基本的に消費者金融の審査には在籍確認があります。

在籍確認は、申込者が給料をもらっていて、返済能力があるかどうかの判断に欠かせません。

嫌われていても省略できないことが多いです。

在籍確認の電話は自分の会社が休日の日には成立しませんから、休日にはお金が借りれないということになってしまいます。

ですが、最近は土日等には在籍確認ができない分、とりあえず5万円くらいまではすぐに融資許可がおりて、その後、週明けに正式な審査を行い
正確な融資可能額が設定されるパターンが多いようです。

とはいえ、消費者金融は信用情報の結果いかんによっては、健康保険証の提示で在籍確認を省略してくれたり、勤続年数が長い方であればそもそも
在籍確認すら省略される場合もあります。

あとはアコムで申込をすると、申込確認の際に在籍確認の電話を省略して欲しいと頼むことで、認めてもらえることが少なくありません。

あるいは、モビットのWEB完結なら、健康保険証の提示とメガバンクの口座所有などを条件にして在籍確認を省略した申込ができます。