カードローン審査ではスコアリングがとても重要視されます。

「スコアリング」の評価基準と手法を理解することは、審査突破において何よりも役立つでしょう。

カードローン審査の「スコアリング」について解説します。

「スコアリング」の手法とは?

審査を初めて受ける人は「スコアリング」審査がいつ行われているのかわからない人もいるでしょう。

カードローン審査の「スコアリング」は、最初の申し込みの際に入力した情報によって審査を行う手法を言います。

申し込んだらそのまま点数化されますので、人の手でスコアリングを行っているわけではありません。

「スコアリング」の評価基準

「スコアリング」を受けるときには年収、勤務先情報、借入先件数、年齢、勤続年数など様々な情報をカードローン会社に提供します。

この項目一つ一つに点数をつけ、総合点で審査通過を判断するのが「スコアリング」の評価基準です。

総合点が一定以上になれば、審査合格の判断が下されます。

「スコアリング」で重要視される項目

「スコアリング」で重要視される項目は年収、勤務先情報、勤続年数、借入先件数と言われています。

年収や勤務先に関する情報は簡単に改善することができませんので、借入先件数を努力して改善しましょう。

借り換えなどを上手に使えば借入先件数を減らす事は可能です。

「スコアリング」はカードローン審査において最も重要な項目になります。

評価基準と手法をよく理解して、上手く審査に突破してください。