カードローン・キャッシングの利用履歴、就活の際に企業側にバレてしまう事はあるのでしょうか。

カードローン・キャッシングの利用履歴が及ぼす影響について徹底検証します。

カードローン・キャッシングはバレない

カードローン・キャッシングを利用していたとしても、就活の際に不利になるどころか企業側にバレる心配もありません。

というのもカードローン・キャッシングは信用情報機関に記録されていますが、信用情報機関の情報は金融機関、信販会社など会員になっている企業しかアクセスできないからです。

金融機関、信販会社にはバレる?

昔の情報では、『カードローン・キャッシングがあると金融機関に就職できない』という噂がありました。

当時の信用情報機関と金融機関はいい加減な部分があり、個人の信用情報を就活時に利用しているところも少なからずあったのかもしれません。

現在は個人情報の取り扱いには注意しなければいけない時代ですので、信用情報機関にアクセスするにはキチンとした理由と本人の同意が必要になります。

金融機関への就職の場合も気にする必要はない

もしあなたがカードローン・キャッシングを利用している状態で金融機関に就職できるか不安に思っているのであれば、気にする必要はありません。

ただし自己破産は官報に載りデータを金融機関がデータを抑えているので影響して来る可能性があります。

自己破産を行う時は職業が制限されるリスクを把握してから行いましょう。

カードローン・キャッシング、就職の際に特に影響して来る事はありません。

心配せずに利用しましょう。