プロミスの貸付の主力はカードローンですが、このような無担保融資は、利用者には給与収入しか返済原資がありません。
そのため、本人が本当に職場で働いているかどうかの確認をする在籍確認は、無担保融資にとって不可欠な審査手続なのです。ですので、在籍確認をしない無担保融資はありません。

しかし、在籍確認は職場への電話確認だけではありません。確かに在籍確認は職場への電話確認が一番確実ですが、他の方法で代用可能です。

例えば、健康保険証はや写真入りの社員証や直近月の給与明細も職場にいて収入があることを証明できるでしょう。直近月の給与明細は、直近の収入がわかるため源泉徴収票より審査では有効な材料です。

プロミスでは、在籍確認を職場への電話確認ではなく、このように書面確認で済ませることを可能にしています。もちろん常に可能とは言いきれませんが、勤続年数が長かったり、信用情報に問題がなかったりする人であればできる可能性が高いと言えます。

最近では、外部からの私用電話には対応しないという会社もあるようです。個人情報保護などの観点から社員の情報も含め情報の漏えいを防ぐ目的があるのかもしれませんが、在籍確認の審査のひとつとして職場への電話連絡が難しくなっているという話もあります。

在籍確認そのものを省略することはできませんが、在籍確認の電話を省略することはできるのです。
仮審査通過の際に在籍確認の電話を省略して欲しいと言うと応じてくれることが多いですが、最初からWEB完結の方法で申し込みをすれば完璧です。

このようにプロミスでは即日融資であっても在籍確認の電話を必ずしも要求しない場合が増えています。会社が休みの日に申込をすると、在籍確認の電話が障害になって即日融資ができない場合もあります。

しかし、職場への電話が必要なければ即日融資の道が更に近づくと言えましょう。