信用情報機関に記録が無いスーパーホワイトでは審査の際に通りにくいという噂は本当なのでしょうか。

今までクレジットカードすら作った事の無い人はスーパーホワイトに属するとされています。

どうしてスーパーホワイトの場合は審査に通りにくいのか、スーパーホワイトが審査に通りにくい噂について解説します。

スーパーホワイトが審査に通りにくい噂は本当

スーパーホワイトの人が審査に通りにくい噂は本当のようです。

というのも、20代前半ならまだしも、いい大人が今までクレジットカードすら作った事が無いという人は、債務整理をした人と考えられてしまうからです。

債務整理をした場合、5年間は貸出を行う事が出来ず、喪があけた頃にはスーパーホワイトと同じ状況になります。

債務整理をした人と同じ扱いしされている限り、スーパーホワイトの人は審査に中々通過しなくなります。

スーパーホワイトは改善できる

信用情報機関に全く利用履歴等の記録がない状況がスーパーホワイトとなります。

逆に言えば信用情報機関に情報を作る事ができればスーパーホワイトは改善できます。

スーパーホワイトに有効なのは、家電量販店などで募集されているクレジットカードを作る事とされています。

ショッピング限度額が低く、審査に通りやすいので上手に使えば呼び水になるわけです。

そこからキチンと毎月返済して、徐々に他のクレジットカードを作っていけば、スーパーホワイト脱出します

スーパーホワイトの状況は改善して、なるべく早くスーパーホワイトを脱するようにしましょう。

住宅ローンなどの重要な審査に通過しにくくなります。

なるべく早めの改善を心がけてください。