結論から言えば、社員証だけでも在籍確認の審査をすることは可能です。

ただし、正社員などでの方のみで、アルバイトや派遣の場合は社員証そのものを持っていない方が多いと思いますので、その代わりの書類が必要となります。

そもそも、在籍確認の審査はいつから電話以外で出来るようになったのでしょうか?

大手消費者金融のプロミスは、最も金利が低いカードローンとキャッシングを行っていて人気が高い消費者金融です。そんなプロミスも申し込みの際に職場への在籍確認の電話があると聞くと、申込を躊躇してしまうものです。

しかし、プロミスも頼めば在籍確認の電話を書面確認で代用してくれる場合があります。以前は決してしてくれなかったようですが、競合するアコムなどの消費者金融が実施している以上、プロミスも無視できなくなったようです。

ただし、プロミスは自社公式WEB上で在籍確認の電話を省略する申込方法を載せていません。そのため、携帯電話へ最初の申込確認の電話があった時点で在籍確認の電話を書面確認に変更してもらいたいという依頼をする必要があります。

ただし、受け付けてくれるかどうかはプロミスの判断です。新入社員の方や、職場を転々としている人は本当にその会社で勤務しているかどうかがわからないという不安要素があるため、実際に職場に電話をする必要性があるのです。

もっとも、最近は私用電話を一切取り次がない会社もありますし、個人情報保護観点から不在の際にも会社にいるかどうかの返事もできないというケースが増えてきました。この場合は、プロミスも書面による在籍確認で対応するしかないでしょう。

WEBに公表されていないため、一概に言えませんが、在籍確認の電話を省略する場合には健康保険証や直近月の給与明細が必要です。給与明細は社名が入っていないと確認できませんから注意が必要です。

プロミスは、自動契約機が多く設置されていますから、在籍確認省略ができるかどうかの確認の意味も含めて自動契約機での契約をお勧めします。自動契約機での契約は、ローンカードの発行や契約書類の受取をその場ですべて終了することができます。自分以外の第三者にバレにくいメリットもあります。