就職したばかりであっても申込みや借入はできます。ただし借入額によって収入証明の提出を求められることが多いですし勤務期間が短いのは審査で大きなマイナスポイントとなるので、審査に通るかどうかはその人次第で個人差があると言えそうです。

収入証明が必要な場合


そもそも消費者金融で収入証明が必要な場合というのは以下の三つです。

・一社から50万円以上の借入

・複数社から合計100万円以上の借入

・企業側が必要と判断した場合

つまりこの三つの条件を満たさないのであれば収入証明がなくても申し込む分には問題がないという事になります。

銀行は総量規制の対象にならないので画一的な規制はおこなわれていませんが、これと同程度の規制、もしくはもう少し甘めの基準で求められることが多いです。

必要がないとは言っても50万円以下であれば収入証明は必要ありませんが、条件として「安定した収入があること」というのがあるので無収入の方は利用できないことが多いです。

就職したばかりでも在籍をしているのであれば申し込む事はできますが、審査ではマイナスの要件になる可能性が高いですし、安定した収入という面で問題視される可能性もあります。

ですからどうしても必要になったというのであれば別ですが、できるのであれば数か月程度働き収入証明となる給与明細が手元にある状態で申し込む事をお勧めします。

また仮に申し込む場合は申し込みの段階でその旨をしっかりと企業側に伝えておくことが大切です。

どんなにお給料のいい一流企業に就職した場合だとしても、就職したばかりであれば全て条件は同じです。収入が安定してるかどうかを消費者金融側は見ているので、借り入れできるとしても50万円以上の高額融資は難しいケースが多いでしょう。