大手消費者金融プロミスなどを利用している方はカードローンやキャッシングをする際に必ず在籍確認の審査を受けることになります。

では転職した場合、その後、在籍確認は来るのでしょうか。

転職後に在籍確認の電話が来るかどうかは借り入れている金融機関によって対応はマチマチです。

プロミスでもこれは同じで転職しても電話がこない人もいれば、かかってきた人もいるようです・

扱い方は金融機関それぞれですが、大体の金融機関は新しい転職先に対しての在籍確認を行うでしょう。

消費者金融は在籍確認に対しては敏感なところが多いので、電話をしないといった金融機関はあまりないようです。

ですが、転職してから自分からプロミスに電話をして転職先を伝えればかかってこない確率が高そうとも言えそうです。

これは口コミでそういった意見が多いからです。

いずれにしても、在籍確認は個人名で行われますので、あまり気にする必要はありません。

電話口で「○○ですが、××さまお願いします」といった形でプロミスといった消費者金融の名前は一切出しませんので、その電話を以て消費者金融から借り入れていると考える人は少ないでしょう。

ただし、転職したばかりなのに個人名でも電話をしてほしくないとい言ったニーズはあるかと思います。

その場合は雇用契約書や給与明細を使って、何とか代替できないかを消費者金融の担当者にお願いしてみてください。

上手くいけば、特例扱いで在籍確認を省略してくれる事があります。

転職後、引っ越しも伴ったりすると色々バタバタしがちです。

住所や勤務先の変更をきちんとプロミスなどの消費者金融に伝えるようにして下さい。

伝える時に転職先に在籍確認を行うかについて聞いてみるといいでしょう。

間違って伝えるのを忘れていたりすると、一気に信用を無くしてしまいます。

転職の際はその他のカードの住所変更も忘れずに行うようにして下さい。