カードローンの審査で年収や勤続年数を偽ろうと考えたことはありませんか。

年収や勤続年数に嘘をついたらバレるのか解説していきます。

大きな年収査証はバレる

カードローンサービスを行っている銀行は年収に対して膨大なデータを把握しています。

例えば年収500万円の人が年収1000万円と申告したらどうなるでしょうか。

従業員数、業態、資本金、年齢、勤続年数から銀行はおおよその年収の推測を行っていますので、推測した数字と申告した年収にかい離がある場合、確認が入ります。

場合によっては年収証明を求められることもあるでしょう。

数十万程度の年収詐称はバレないかもしれませんが、スコアリングの結果を大きく良くするような詐称はばれてしまう可能性が高いです。

勤続年数は調べにくいがバレる

勤続年数の詐称は金融機関にとって調べにくいデータです。

在籍確認は個人名でかけますので、勤続年数などの情報を引き出せるわけがありません。

ただ、勤続年数の詐称はばれにくいといえるでしょう。

ただ、勤続年数を1年未満なのに10年とかで申告すると、他のクレジットカードを作った時に信用情報機関に別会社が登録されていて、そこからつじつまが合わなくなりバレる事はあります。

こちらもスコアリングを大きく良くするほど詐称するのは難しいでしょう。

年収の詐称や勤続年数の詐称はバレルと審査が通らなくなります。
どのみち、そこまで詐称できないので正々堂々申告したほうがいいかもしれません。