借金の踏み倒し、まともな方は考えもしない事ですが、そんな事を考える方は少なからずいるようです。

借り入れをするには計画的な返済も同時に考えていかなければなりません。

しかし、人生計画通りに進まない事もあります。

予定していた収入が減るような事になれば、返済も滞ってしまう事もあります。

そして、多重債務となり、踏み倒し、と言う事になってしまいます。

ですが、【借金には時効がある】と言う事については、驚くかもしれませんが、あまり知らなくても良い事かもしれません。

時効が成立すれば、借金は自動的に消滅するのです。

では、借金の踏み倒しが成立する条件の詳細について解説します。

時効スタートは借金の滞納が始まってから

時効のスタートは契約してからではありません。

借金の滞納が始まった最終支払日からがスタートします。

間違えて早くから滞納しない様に気をつけましょう。

借金を時効に迎えさせるには10年間

金融機関からの借金は5年で時効ですが、時効の中断を裁判所に申し立てられると10年間に伸びます。

金融機関が時効を忘れる事はまずありません。

金融機関からの借金も10年間は逃げ回らないといけないと考えておいた方がいいでしょう。

個人からの借入が時効を迎えるのは10年間です。

時効を迎えたからといって、人の信頼が戻る訳ではありません。

一度失われた信用は戻す努力をしてはじめて戻る可能性が見えてきますが、10年かけて借金の時効を期待するような人物には人の信用はそもそも築けるものではないでしょう。

その他時効が中断する条件

時効まで頑張っているのに、時効カウントが中断されます。

【給料が差し押さえられた時】【返済義務があることを承認した時】【内容証明を受け取った時】などです。

同じところに勤めていると、給与の差し押さえに金融機関が動くかもしれません。

引っ越し、転職を繰り返す必要があります。

時効を迎えてから、更に5年間キャッシング、カードローンの契約は出来なくなります。

延滞を始めてから15年間です。

長い期間逃げ回った結果、得られるものはなんでしょうか。

もうすでに失った物のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。

特に友人や知人など、特に近いところに住んでいるご両親も含め、普段の生活で助けてもらえることはとても多いです。

そのリスクと精神的な負担は想像するものよりも大きくなります。そんなに簡単なものであるはずがありません。

こういった理由からも時効で借金を無くすのは現実的な方法とはいえないでしょう。