水商売・ナイトワークを仕事にしている方はカードローン審査に通りにくいとされています。

何故カードローン審査にとおりにくいのか、水商売でも審査に通るための有効な手立てと共に解説します。

水商売・ナイトワークだと審査に通りにくい理由

水商売・ナイトワークの人が審査に通りにくい理由は、単純に『不真面目な人が多い』と『収入が不安定な人が多い』からです。

夜の仕事をしている人はお店の寮で生活していて、住所も不安定ですし、歩合制による給料の変動が激しいと思われています。

実際、借金苦になって仕方なしに稼ぎのいい風俗などの水商売に入る人も少なくありません。そういった方はもう既に多重債務者になっていますので、水商売を始めて収入が増えても信用機関の情報が良くないので落とされてしまうケースに該当するでしょう。

更には、たとえたくさん稼いでいてもその分だけ出て行くお金も多くなるので、カードローン審査の結果は総じて辛くなります。

しかし過去の信用履歴に問題なければ少額であれば問題なく審査に通る人が多いのも事実です。

水商売・ナイトワークなら銀行よりも消費者金融

つまり水商売・ナイトワークをしていても全くお金を借りることができないというわけではありません。

一般的に審査が甘いと言われている消費者金融ですから、カードローン審査に通過する可能性は充分あります。

最初から銀行カードローンなどの敷居が高いところを諦める事も有効な方法です。やはり消費者金融と比較すると銀行のカードローンは審査が厳しいと言われています。

しかし水商売でも勤続年数が長かったり、社員であるような人であれば銀行ローンも通る可能性もあります。更にプロミスなど大手の消費者金融であればもっと審査がスムーズに完了する可能性が高いでしょう。実際に水商売でもプロミスで借りてる人は何千人といます。

水商売・ナイトワークの在籍確認はどうなる?

プロミスで借りる場合、やはり水商売ですと夜の営業の為、電話での在籍確認がなかなか難しいケースが多くなりますので、書類での収入証明や給与明細などを在籍確認の代替として提出できるかどうかも大事な条件となってきます。

収入がある事をきちんと証明できれば夜の仕事や飲み屋、風俗関係の仕事であっても問題なくカードローン審査に通過します。必ずしもお店に電話をかけて在籍確認を受けなければ審査に通らないということではないのでそこは安心していいでしょう。

最終手段は中小消費者金融

仕事を辞めたり、始めたり、まだ勤続年数が短いような水商売・ナイトワークの方であれば、それでも断らずに審査をするのが中小消費者金融です。

この業態は客層が厚くないので、他の業者では嫌がられそうな人達にも融資をしてくれます。

困った時は最後の手段として、中小消費者金融に頼りましょう。

金利面では大きく変わりません。

水商売・ナイトワークに従事している人は審査んい申し込む際、慎重になる必要があります。

もし過去に借金歴があって審査が不安な場合は、審査に申し込む前に一度CICやJICC等の信用機関に自分の信用情報を取り寄せてみてからの方がいいかもしれません。ネットから簡単に取り寄せ可能ですし、料金も1000円未満ですから事前に策を講じることができますのでおすすめです。

そして様子を見て審査に寛容なところを探して申し込みをすれば間違いないでしょう。