カードローン会社から増額案内が来ると、増額の期待が高まるとされています。

増額の審査の常識、基準と時間について見ていきましょう。

増額案内の審査の常識

増額案内と審査は当然ですが、切り離されて行われています。

そのため増額案内が来たからと言って、審査に必ずしも合格するわけではありません。

増額の申し込みを行うと、改めて審査を受けなおす事になります。

増額審査の基準

増額審査では、キチンと滞りなく返済が出来ている事が基準です。

増額案内が来るというときは、その会社での返済はキチンと行われているので、審査合格の可能性は高まるでしょう。

ただし他社で延滞していると基準を満たした事にならないため審査落ちしてしまいます。

そしてなにより総量規制の関係もあります。

消費者金融やクレジットカードのキャッシング・カードローンは年収の三分の一までとなっていますので、他社での借り入れ総額がこの上限を超えてる場合では、増額案内がきても当然審査には通りません。

ですが、基本的には他社での大きな借り入れがなく、返済もスムーズに行っている方であれば増額審査はそう難しいものではないのです、というより基本的な審査には既に通過して利用できているわけですから、通常よりは在籍確認などのステップが省かれる分、簡略化されています。

また利用期間が長く、その間きちんと返済の遅延がなければその分だけ信用評価が高くなりますので、増額審査に通る可能性はより高くなります。当然利用期間が短い人より断然有利となります。およその目安としては半年以上は最低でも利用していたほうが安心ですね。

増額審査の時間

増額審査、『早くお金が欲しい』と思うかもしれませんが、審査には2日〜2週間かかります。

これは増額審査の場合、緊急性が無い借入の場合が多いためです。

早く融資が欲しい人は、別の消費者金融を選択しましょう。

増額審査と新規に別のカードローンを申し込むのはどちらがいい?

『増額審査を受けるか、新規に別のカードローンを申し込む方がいいのか迷う』と言う人は多くいます。

基本的には増額審査を受けるより、審査時間が短く、大きな金額を借りる事が出来る新規カードローンに申し込むことをお薦めです。

但し、借金が増えすぎてはいけませんので、余り多くのカードを持たない方がいい人は増額を試した方がいいでしょう。例えば今後住宅ローンなど大きなローンを視野に入れているような人の場合は新たな金融での借入はやめておいたほうがいいでしょう。

増額案内が来たからといって必ず誰しもが増額されるわけではありません。

基準を満たし、時間に注意しながら申し込んでください。