プロミス等のカードローン会社から借入をした場合、必ず返済する義務が課せられます。しかし、もしも返済に遅れが出てしまった場合、一体どうなってしまうのでしょうか?

遅延損害金を払わなければならない

カードローンの返済に遅れが出た場合は、普段の利息プラス遅延損害金を支払わなければなりません。
遅延損害金は返済日から遅れた分支払わなければならず、利息以上の金利が設定されている場合が多いです。なので、たくさん遅れてしまうとその分支払わなければいけない金額が増えてしまうので、出来るだけすぐに返済するようにしてください。

カードローンの利用を停止される

返済を延滞している最中は、カードローンの利用が停止されるため借入が出来なくなります。さらに、何度も延滞をしたり、延滞期間が延びてしまったりすると、全く利用できなくなってしまうので注意が必要です。そうなると返済でしか利用できなくなるので気をつけましょう。

ブラックリストに登録される

延滞を延ばしたり、繰り返したりすると、ブラックリストに載ってしまいます。これは、信用情報機関に事故情報が登録されてしまうからです。
延滞してすぐにブラックリストに登録されるという事ではないですが、原則として返済が3カ月以上遅れると、事故情報として記入され、その後約5年間はその情報が登録されたままになってしまいます。
他者で借入申込を行ったとしても、ブラックリストに載っている状態では、審査を通過することが困難となります。会社によって基準が異なるため、借入可能な会社もあるかもしれませんが、一回でもブラックリストに情報が登録されれば5年間は借入不可能だという事を肝に銘じておきましょう。

 

延滞した際にカードローン会社は一体どのような対策をするか?
カードローン会社は、返済に遅れが出た場合、以下のような対策を行います。
無視すると悪循環になるので、必ずカードローン会社からの連絡には対応するようにしてください。

ハガキや電話での督促
返済が期日に間に合わなかった場合、数日後にカードロ-ン会社からハガキか電話で督促の連絡が来ます。携帯電話や自宅に連絡がつかない時は、職場へ電話が掛かってくる場合もあります。
この際は、忘れているのかもしれないと思い、優しく対処してくれますので安心してください。

督促状を送る
電話やハガキでの督促に対しても、返済が見込めない場合は、自宅宛に督促状が送付されます。自宅に送られてしまうと、家族に借金を知られてしまうかもしれないので注意してください。
督促状への応答がない場合は、取立てが来てしまいます。

取立てに来る
借金返済を求める行動を取立てといいます。取立てでの暴力行為などは法律で制限されていますが、借金返済から逃れることは出来ない為、きちんと返済しなければなりません。もし取立てでも返済しないようだと、全額一括請求されてしまいます。

全額一括請求
延滞が長い期間伸びてしまうと、借金の全額一括請求の日にちが指定されます。しかし、全額一括請求をされても返済不可能な事が多いのが現状です。そうなると、法的手段として差し押さえされる可能性が出てきます。

差し押さえ
返済を長期にわたって延滞してしまうと、差し押さえされます。基本的には、給与の手取り4分の1が差押えの対象となります。一回で返済出来なかった場合は、翌付も同じような対応が取られます。さらに、銀行の預金口座も差押えされる可能性があります。
差押えは法的な最終手段で、裁判所の許しを得て行われているので、必ず応じなければなりません。

もしもカードローンの返済を期日通りに行うことが難しくなった時は、出来るだけ早期に申し出るようにしましょう。また、最初の電話やハガキでの督促に対して絶対に応答するようにしてください。