プロミスの審査で在籍確認はどのタイミングで行われるかとても気になるかと思います。

重要な審査の在籍確認ではほとんどの場合勤務先への電話連絡で審査を行います。

プロミスを名乗ることはなく個人名でかけてきます。しかし個人名とはいえ職場に電話が来るのはドキドキでしょう。周囲にバレないか気になるところです。

その際に、少しでも不安要素を減らすという意味で、在籍確認が行われるタイミングを知っておきたいと思いませんか?

プロミス審査の在籍確認が行われるタイミングについて解説します。

在籍確認のタイミングは本審査最終段階

プロミスの場合、インターネットやスマホから申し込むと最初にスコアリング審査が行われます。

申込みされた方の情報を基に点数計算で行う審査がスコアリング審査ですが、データ入力してすぐに結果が出る審査なのであっという間に終わります。

スコアリング審査のタイミングでは在籍確認の電話は行われません。

在籍確認はスコアリング審査合格→書類提出の後に行われる審査になります。

ですので、審査の最終段階で行われるのがほとんどです。

申込時に確認の電話がかかってくるので、時間指定を行おう

プロミスの場合、ある程度在籍確認の時間指定のリクエストを受け付けてくれるようです。

申込時に携帯電話などへ申込確認の電話がかかってきますので、その際に会社の席にいる時間を指定するといいでしょう。

他にも審査をスムーズに進めるため、もしくは不安を取り除くためのリクエストに応えてくれますが、これは審査内容によるところが大きいです。

審査基準を余裕で通過しているようであれば、在籍確認の電話のタイミングなどいくつかのお願いには応えてくれますが、審査基準がギリギリだと応えてくれるかどうかは微妙です。

在籍確認の電話の有無、時間指定等、スコアリング審査での結果次第というところは大きいでしょう。

例えば、正社員、公務員などの職種であったり、勤続年数、住居形態や居住年数、家族構成や借入状況などがスコアリング審査で判断され、在籍確認審査の際に影響してきます。

ただ、審査基準に対してギリギリだと判断された場合は、時間指定等のリクエストは厳しくなってくるでしょう。

在籍確認と同時に信用情報機関のチェックが行われる

会社に電話がかかってきて、在籍確認が終わったら審査通過したような感じになりますが、ここから落ちてしまう事もあります。

それは、本審査では信用情報機関のチェックが行われる為です。

信用情報機関に悪い情報が記録されていると、審査落ちの原因になり、折角の在籍確認の手間が無駄になります。

信用情報機関の情報は汚さないようにしましょう。

在籍確認のタイミングを見極め、プロミス審査の通過を勝ち取ってください。