在籍確認なしで実は借りれる人もいるというのは本当?!

そうなんです、

「プロミスから在籍確認の電話が掛かってこない。にもかかわらず審査に合格した」と言う方も多数存在します。

在籍確認は人によって省略(簡略化)されるのです。

何故在籍確認が省略されるのかと言うと、
① 職歴が長い正社員は職場が変わっていないと考えられる

② 職歴は他のカードを作る時、信用情報機関に登録されている

③ 直近カードを作った時に在籍確認は済んでいるとみなされ、省略される
ことがあるからです。

在籍確認が省略される人、つまり在籍確認なしで借りれる人の共通点について考察していきます。

・在籍確認は必ず行われる

『在籍確認の省略』と言われていますが、正しくは在籍確認の勤務先電話を省略となります。

在籍確認自体はお金を貸す場合、必ず行わないといけないとされています。

キチンと職場に在籍しているか否かは、職場に電話を行って確認する以外にも、信用情報機関の情報をみて確認する事が可能で、電話が掛かってこないため在籍確認が省略されたような錯覚に陥ります。

・在籍確認の電話が省略される人

在籍確認の電話が省略される人の共通点は、
① 職場に正社員で働いている

② 職歴が5年以上と長い

③ 年収が高く、リストラが少ない
といった信用力が高い人になります。

これらの人は職を離れたり、失業したりするリスクが少ないので、職場が他のカードを作った時と変わっていないとカードローン業者側は感じます。

わざわざ勤務先に電話することなく、在籍確認の電話が省略されるのです。

プロミスや大手の消費者金融では在籍確認は信用力が高い人は省略される傾向があります。

電話が掛かって来なくても審査に通過する事が出来ますので、気にする必要はありません。

転職が推奨される世の中にあっても、転職にはリスクが伴います。転職がいつもうまくいくとは限りません。無職の時期も発生するでしょうし、転職先との折り合いがつかなかった時にはすべてを失う可能性もあります。

ですので、勤続年数の長い方には優先的にお金を借りてもらいたいというのが、消費者金融などカードローンを利用してもらいたい側の本手ではないでしょうか。