プロミスへ給与明細の提出が必要なケースは?

プロミスの審査では、いくつかの証明書類を提出しなければなりません。

主に身分証明書が審査には必要ですが、それ以外にも「収入証明書」である給与明細の提出も状況に応じて提出する必要があります。

在籍確認の審査を行うのに、電話以外の方法、つまり収入や会社名の分かる書類を提出して電話の代替措置として審査を進めて貰う場合がそのうです。

また、50万円以上の借入を希望する際などにも給与明細などの収入証明書を提出する必要が出てくる事があります。

●ここではプロミスへ給与明細を提出する際の注意点をご紹介します。

プロミスへの給与明細の提出の際には、
①直近の2か月分が必要であること

②賞与明細も必要になる事

に注意しなければいけません、

・今一度、プロミスに給与明細の提出が必要か聞いて見る

最初の注意点として、収入証明書は50万円を越える借入を希望するか、もしくは他社を含めて100万円を超える借入を行っている人に提出の義務があります。

借入希望額によっては、提出の必要はありません。

給与明細を提出したくないのであれば、借入希望額を少なくする事も一つの方法です。

・給与明細は直近2ヶ月と賞与明細書が必要

プロミスの収入証明書の説明には、直近2ヶ月の給与明細と賞与明細が必要とかかれています。

直近2ヶ月の給与明細に加えて過去1年分の賞与明細書が必要になりますので。キチンと用意するようにしましょう。

・給与明細書がない時

給与明細書がない時は、源泉徴収票が有効です。

但し、源泉徴収票もない時は確定申告書などでも代用する事が出来ます。

明細書や申告書は、無くさないように大切に保管して置きましょう。

プロミスは2か月分の給与明細書と1年分の賞与明細書で収入証明書とする事ができます。

賞与がない時は、賞与明細書がないと伝えましょう。

もし明細書がない時は、源泉徴収票や確定申告書を用意するといいでしょう。

・在籍確認の審査を電話以外の方法

派遣やアルバイト、パート、自営業の方などは収入証明の書類を提出することが必須となりますので、必然的に給与明細などを提出する流れになっています。

(正社員などの方であれば社員証や社会保険証などで代替措置とみなされます)

もし給与明細が用意できなかったら在籍確認は電話で行うしかありませんのでご注意ください。

●給与明細の提出方法

書類をスマホで撮影し、そのままアップロードし、送信するだけで提出可能です。

もちろんFAXや郵送でも可能です。しかし郵送ですと日数がかかってしまうので、即日融資を希望する際は適切ではないでしょう。