在籍確認で職場にかかってくる電話は非通知?

プロミスでカードローンに申し込みをすると審査の過程で、必ず勤務先である職場に在籍確認の電話がかかってきます。

そんな時に心配なのが、電話を受けた際の番号通知ではないでしょうか。

在籍確認の審査では、職場に直接かかってくるので、誰が電話対応するのかは予測出来ない状態ですし、番号通知を必ずチェックするような職場であれば、番号もメモされ、番号を記録することもあるでしょう。

さらには、非通知で電話がかかってきた場合は、電話対応しないという事もあるので心配です。

プロミスでは在籍確認の電話は基本的に非通知でかけるのが決まりとなっています。

職場でプロミスからの電話だとバレないように必ず非通知でかけてくれますので安心と言えば安心です。

非通知であれば自分が会社に不在の場合、万が一職場の同僚が掛けなおしてしまうような不安もありませんね。

プライバシー保護などの関係で、稀に非通知からの電話を受け付けない設定になってる企業に勤務されている方もいらっしゃいます。

その際はプロミスだと特定されない、使い捨ての携帯電話の番号を表示して電話をしてくれます。

この電話番号は発信専用の電話番号なので、もし誰かが掛けなおしたとしてもその番号には誰も出ないので安心です。

番号通知で電話を希望の方は予めプロミス担当者に言っておけば話が早くスムーズになるでしょう。
非通知での電話においては対応しないという職場もあるようですが、そうなると審査が進みませんし、プロミスでお金を借りることが出来なくなってしまいます。

そうならないように、プロミスの担当者にはあらかじめ「非通知では電話対応しない職場」ということを伝えておく必要があるでしょう。

プロミスの担当者に、在籍確認の電話について色々と相談することも重要ですし、しっかりと相談にのってくれるので、職場の事情を伝える事が大事です。

プロミスの在籍確認は個人名で電話をしてくれます

やはり心配なのは、電話の内容です。

職場では誰が電話対応するのかはわかりません。

同僚かもしれませんし、上司かもしれません。

大きい会社だと、外部からの電話は人事に回されることもあります。

普段かかってこないような相手からの電話が職場にかかってくると、怪しまれるのは当然です。

最近では取引先相手も、会社で支給されている携帯電話にかかってくることが多いので、職場への電話は普段かかってくる相手ではないというのがバレバレです。

しかし、そこのところはプロミス側も十分配慮してくれます。

プロミスの担当者の個人名でかけてくれますし、不在を確認した後の、折り返しの電話を上手にやんわりと断ってくれるので安心です。

決して「プロミス」と名乗ることはありません。

個人名、そして非通知で電話をしてくれれば誰もプロミスからの在籍確認だとは疑うことはないでしょう。

もし、性別の指定をしてほしい場合はそれも対応してくれるので女性などは特におすすめです。

女性の場合は男性からの電話よりも同じ女性からの電話のほうが自然ですよね。

その場合も予め担当者に相談しておいたほうが話がスムーズです。

在籍確認の電話の内容は、あくまで職場確認を目的としている為、申し込みのお礼と電話のあと、審査結果はメールで送ります、と伝えてくれる程度で、時間にするとものの1~2分で終了します。

あっけないほどカンタンですので気にする必要はないでしょう。

自分が不在でも同僚がプロミス担当者に不在を伝えれくれるだけで在籍確認OKとなるので、それ以上もう勤務先に電話が掛かってくることはありません。

そして

基本的に在籍確認の審査以外でプロミスから職場に電話がかかってくることはありませんが、他にプロミスから非通知の電話がかかってくる可能性があるとすれば、
返済を延滞してしまってる時です。

返済ができない時は自分からプロミスに電話をしておけば、わざわざ職場に督促の電話がかかってくることもありません。

在籍確認以外でプロミスが職場に電話をかけてくるケースとは?

プロミスが勤務先に電話をかけてくるケースをいくつかご紹介します。

1.返済が遅れてしまった時

返済が一日でも遅くなってしまうと翌日には携帯電話へ連絡がきます。もしこの時に電話に出れなくてももう一度携帯電話へかけてくれます。それでも出れなかった場合は自分から折り返しプロミスのほうへ電話をすればいいでしょう。すぐに返済ができない時でも「何日後に支払います」と言えば、その分利息も加算されてしまいますが、支払い期限を延長してくれますので、きちんと支払いの意思を示すことが大事です。

携帯電話も取れず、折り返しの電話もしない場合は、自宅の固定電話への連絡、あるいは自宅へ督促の郵便、もしくは職場に電話がいきますので、家族や会社に知られたくない人は気を付けたいですね。

督促の電話の際もプロミスは非通知でかけてくれますが、非通知拒否の設定をされてる場合は番号通知で電話がかかってきます。

2.借入額の増額の際

半年以上きちんと遅延なく返済をしていると、利用可能額を増額してくれることがあります。電話やメール、会員ページ等でお知らせがあると思います。しかし案内がきたからといってすぐに増額してくれるというわけではなく、再度カンタンな審査が行われます。

審査内容としては職場や住所などの変更はないかをチェックされる程度で特別難しい審査ではありませんが、以下のケースでは追加で書類提出が必要なこともあります。

・借入希望額が50万円を超える場合
・プロミスでの借入希望額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合
・その他の理由でプロミスから提出を求められた場合

また、収入に変化があった場合も書類が必要になる事があります。

・最新の源泉徴収票
・最新の確定申告書
・給与明細書(直近2ヶ月)&できれば賞与明細書(直近1年)

収入の増減があり、なおかつ増額希望の際は上記いずれかのどれかを提出する必要があります。

3.プロミス利用中に転職した場合

利用してる期間に転職をした際は、改めて在籍確認の電話が職場にかかってくるケースがあります。実際は転職の際には電話がかかってくるのは稀ですが、借入額が大きい場合などは再度行われます。この職場への再度の在籍確認を回避したい場合は、自ら転職したことをプロミスに連絡して、最新の給与明細や会社名が記載された保険証などを提出するなどすれば書類のみで在籍確認ができますので、煩わしさもありません。

4.住所や苗字など個人情報に変更があった際

住所変更や結婚あるいは離婚をして名前が変わった等、個人情報の変更がある場合は自分から連絡をすれば基本的には職場への在籍確認はないのですが、全く連絡をしていないと、職場に電話をかけてくることがありますので要注意です。会員ページから簡単に変更できますので必ず忘れないようにしましょう。

5.カードの不正利用が疑われた場合

利用した覚えがないのに、勝手に借入をされていた等、何かしらのトラブルの際、緊急時として携帯電話あるいは職場に電話がくることがあります。

プロミスからの電話番号一覧(一部)

基本的にプロミスは非通知で電話をすることが多いですが、非通知を拒否している場合は番号通知をしてきます。いかの番号以外にも、使い捨てのスマホ番号やフリーダイヤルのナンバー等、全国各地によって色々な電話番号を利用しています。その為、電話番号だけでプロミスかどうかを判断するのは困難ですが、参考までにチェックしてみてください。

<返済に関する際の電話>
0120-729-500
0120-574-861
0120-965-400
03-5677-9738
0120-998-151
0120-107-583

<一括返済時>
0120-240-365

<再利用の勧誘>
0120-935-264

<本人確認>
0120-380-365

<増額案内>
0120-696-401
0120-990-309

<キャンペーン>
0120-626-071

在籍確認の電話を回避したい時はこちらをご参照ください

メインページへ