在籍確認で職場にかかってくる電話は非通知?

プロミスでカードローンに申し込みをすると審査の過程で必ず勤務先である職場に在籍確認の電話がかかってきます。

そんな時に心配なのが、電話を受けた際の番号通知ではないでしょうか。

在籍確認の審査では、職場に直接かかってくるので、誰が電話対応するのかは予測出来ない状態ですし、番号通知を必ずチェックするような職場であれば、番号もメモされ、番号を記録することもあるでしょう。

さらには、非通知で電話がかかってきた場合は、電話対応しないという事もあるので心配です。

プロミスでは在籍確認の電話は基本的に非通知でかけるのが決まりとなっています。

職場でプロミスからの電話だとバレないように必ず非通知でかけてくれますので安心と言えば安心です。

非通知であれば自分が会社に不在の場合、万が一職場の同僚が掛けなおしてしまうような不安もありませんね。

プライバシー保護などの関係で、稀に非通知からの電話を受け付けない設定になってる企業に勤務されている方もいらっしゃいます。

その際はプロミスだと特定されない、使い捨ての携帯電話の番号を表示して電話をしてくれます。

この電話番号は発信専用の電話番号なので、もし誰かが掛けなおしたとしてもその番号には誰も出ないので安心です。

番号通知で電話を希望の方は予めプロミス担当者に言っておけば話が早くスムーズになるでしょう。
非通知での電話においては対応しないという職場もあるようですが、そうなると審査が進みませんし、プロミスでお金を借りることが出来なくなってしまいます。

そうならないように、プロミスの担当者にはあらかじめ「非通知では電話対応しない職場」ということを伝えておく必要があるでしょう。

プロミスの担当者に、在籍確認の電話について色々と相談することも重要ですし、しっかりと相談にのってくれるので、職場の事情を伝える事が大事です。

プロミスの在籍確認は個人名で電話をしてくれます

やはり心配なのは、電話の内容です。

職場では誰が電話対応するのかはわかりません。

同僚かもしれませんし、上司かもしれません。

大きい会社だと、外部からの電話は人事に回されることもあります。

普段かかってこないような相手からの電話が職場にかかってくると、怪しまれるのは当然です。

最近では取引先相手も、会社で支給されている携帯電話にかかってくることが多いので、職場への電話は普段かかってくる相手ではないというのがバレバレです。

しかし、そこのところはプロミス側も十分配慮してくれます。

プロミスの担当者の個人名でかけてくれますし、不在を確認した後の、折り返しの電話を上手にやんわりと断ってくれるので安心です。

決して「プロミス」と名乗ることはありません。

個人名、そして非通知で電話をしてくれれば誰もプロミスからの在籍確認だとは疑うことはないでしょう。

もし、性別の指定をしてほしい場合はそれも対応してくれるので女性などは特におすすめです。

女性の場合は男性からの電話よりも同じ女性からの電話のほうが自然ですよね。

その場合も予め担当者に相談しておいたほうが話がスムーズです。

在籍確認の電話の内容は、あくまで職場確認を目的としている為、申し込みのお礼と電話のあと、審査結果はメールで送ります、と伝えてくれる程度で、時間にするとものの1~2分で終了します。

あっけないほどカンタンですので気にする必要はないでしょう。

自分が不在でも同僚がプロミス担当者に不在を伝えれくれるだけで在籍確認OKとなるので、それ以上もう勤務先に電話が掛かってくることはありません。

そして

基本的に在籍確認の審査以外でプロミスから職場に電話がかかってくることはありませんが、他にプロミスから非通知の電話がかかってくる可能性があるとすれば、
返済を延滞してしまってる時です。

返済ができない時は自分からプロミスに電話をしておけば、わざわざ職場に督促の電話がかかってくることもありません。