審査が甘いという言葉から何を連想するでしょうか。

誰でも借りることができるローンでしょうか。

自分の思い通りに借りることができることができるローンでしょうか。

いずれのローンも審査が甘いというようなものは世の中には存在しません。

闇金なら審査がないと言われるかもしれませんが、検討項目が違うだけで闇金も審査をしています。

闇金の審査は「相手の居場所」がわかるかどうかが審査のポイントです。

返済が出るかどうかは別問題で、期日までにお金を持ってこなければ手段を問わずに取り立てるのが闇金です。

でも、それをするためには「相手の居場所」がわからなければいけないのです。

他人に無条件にお金を貸すようなところはない

そもそも無収入かもしれない他人に、高額なお金を貸す際、無条件に貸す人はいないでしょう。

相手が貸したお金を返してくれるかどうかがわからないのに貸すことはあり得ません。

消費者金融などの金融機関は慈善事業ではないのです。

しかし、ネットの口コミなどで「審査が甘い」と言われることがあります。

これは、審査に融通を効かせてくれるという意味です。

消費者金融の金利は、銀行ローンなどより高いです。

これはどうしてかお判りでしょうか。

消費者金融の金利が高いのは、万が一貸倒になっても取り立てができるように積み立てをしているためです。

その積み立てをしなければいけないので金利が高いのです。

その代わり、多少リスクがある相手に対してもお金を貸すことができます。

これは、銀行と比較して、と言う事になります。

消費者金融は収入があれば、ある程度の条件でもお金を貸してくれる場合があります。

それでも返済が可能な確約が出来る相手ではないと契約はしません。

大手消費者金融は、宣伝費がかかるため中小より積み立てがしにくいと言われています。

そのため、中小の消費者金融は積み立てができるため、大手では貸してくれない人にも貸付が可能です。

審査の甘いキャッシングは存在しない

結論としては、審査が甘いキャッシング・カードローンは存在しません。

しかし、審査に融通が効くカードローンは存在します。

この違いは知っておく必要があります。

そして、消費者金融が「審査が甘い」と認識されるその他の理由としては、やはり銀行や金融公庫などのローンと比較すると印象としては審査が早いので、「甘い」というイメージに変換されるからでしょう。

消費者金融もCICやJICC等の信用情報機関を利用し、融資可能かどうかをスコア化して判断していますから、そのボーダーラインはけっして甘くはなく、曖昧でもありません。

消費者金融のボーダーラインが銀行や国よりは低めに設定されてるというだけと言えます。

もし、すでに他社の金融業からお金を借りているとして、審査が通るか心配だったけど、結果は契約できたから「消費者金融の審査は甘い」と判断するのは間違っているということです。

つまりそれは、消費者金融の審査基準としてはクリアする範囲だったという事なんです。

例えば、総量規制の範囲内での借入金額だったとしたら、新規契約も問題ないでしょう。

まとめ

無職、または悪質な返済の遅延や、多重債務・自己破産などがある方は融資はまず困難でしょう。

それ以外であれば、審査に通る可能性は十分にあります。

諦めずに申し込むのが良いでしょう。

もし不安でしたら申込みと同時に消費者金融の担当者に相談してみると良いでしょう。