プロミスで借り入れをした後に必ず守らなければならない事が「返済」です。

とかくお金を借りるときは返済の細かいところまで頭がまわらないもの。

ですが、返済は金融業者を利用するうえで最も重要なことなんです。

プロミスの返済はどこで出来るのか?

プロミスの返済方法はいくつかあります。

それぞれご自身に合う返済方法を選択しましょう。

大事なのは、決して遅れる事なくスムーズに返済できるように選ぶのが良いです。

・インターネット返済

インターネット返済の特徴は、来店が不要で、手数料もかからず、WEBで手続きが出来る事、土日の返済が可能な事、そして24時間何時でも返済可能だということ。

・口フリ(口座振替)

こちらは24時間、土日もいつでもと言う訳にはいきませんが、Webからの手続きができるので来店不要なのは助かりますね。

・プロミス店頭窓口(お客様サービスプラザ)

こちらの返済方法のメリットはあらためて返済計画の相談が出来るというところです。手数料は無料。

・プロミスATM

有人の店舗と違って、土日でも返済が出来るところがメリットですね。手数料は無料。

・コンビニ(マルチメディア端末・ローソンのLoppi、ファミリーマートのFamiポート)

なんと言ってもいつでも利用できてどこにでもあるコンビニでの返済は楽ですね。返済を忘れそうになっても、ネット利用以外ですぐに駆け込み返済が出来るのがコンビニATM返済の強みでしょうか。マルチメディア端末だと手数料が無料です。

・提携ATM

全国にあるコンビニエンスストアATMで返済が可能。三井住友銀行のATMやコンビニのATMだと手数料がかかってしまいます。

・銀行振込

最寄りの銀行からプロミスの口座へお振り込みが出来ます。手数料は別途かかります。振込口座がわからない場合は会員サービスで確認する事が出来ますし、プロミスコール(0120-24-0365)で教えてもらう事が出来ます。

返済日に遅れそうになった場合はどうするのが良い?

返済日に間違いなく支払いが間に合いそうにないと判断したら、最初にすべきは事前に申告する事です。

プロミスコール(0120-24-0365)に連絡を取り、担当者に相談しましょう。

伝えるべきなのは、
・いつなら支払いが出来るのか?
だけです。
返済が出来ない事情も、言い訳も基本的には必要ありません。

そして次に聞かれるのが、
・来月からは「支払日」はどうするか。変更した方が、遅れず払えるのか。という点。

返済期日は契約時に両者で決めた事ですが、利用者の状況が変わってしまったようであれば、返済期日の変更も可能という話。

むしろ確実に払えるのであれば、日程を変更するし、それが理由じゃなければ、忘れずに返済期日までに払え、と言う話。

そのために、「ご返済日お知らせメール」で返済日を事前に教えてくれるサービスがある。

返済日を変更するには電話でお願いしないとダメ?

返済日は最初の契約時に決めています。

返済日を決める理由としては、給料日の後である月末を選ぶ方は多いです。

もちろんそれぞれ雇う側の事情で月の中旬に給与を払うところもあります。

返済日はご自身で自由に選ぶ事が出来ます。

では、返済日を変更するにはどのような方法があるのでしょうか?

① 自動契約機で変更

② お客様サービスプラザ(店頭窓口)

③ 郵送

④ プロミスコールで変更申請(0120-24-0365)

⑤ インターネット(会員サービス・ご返済日変更申込)

いくつか変更方法がありますが、ご自身が安心して変更申込みが出来る方法を選んでください。

月々の返済額よりも多めに返済したい場合は、どうすればよいのか?

毎月の返済を守るのは当然のことですが、返済時期を予定の日数よりも早める事は、それだけ利息の負担を軽減する事にもなります。

毎月同じ金額を返済していくのは全く問題のない事ですし、遅れる事なく返済するのは大事です。

しかし収入に余裕が出るような月には、多めに払う事も考えた方が良いかもしれません。

なぜなら、実際に借りた金額よりも、長期返済によって上乗せされた利息は思っている以上に大きな金額になっていますので、多めに払う月がある事で、残金が減り、返済期間も短くなるので、利息も少なくなっていきます。

最初の契約された内容に基づいて設定された返済額以上の金額であれば、利用者の都合に合わせた返済方法を選ぶ事が出来るんです。

ただ、返済方法によっては、月々の決まった金額しか受け付けてもらえない場合もあります。

例えば、ATMなどです。

多めの金額を入金しても、お釣りが出てくるだけです。

予め、プロミスコールで担当者に金額を伝える事で、受け付けてもらう事も可能ですし、有人もしくは無人の店頭窓口であれば、その場で多めの返済額を伝えて、支払う事が可能です。

返済額を少なくしたい場合はどうなる?

逆に、今月厳しいので、契約内容で決められた金額よりも少なめで支払いをしたい場合は、プロミスの担当者に相談をする必要がありますので、気をつけましょう。