結論から言えば、電話以外の方法で在籍確認をすることは可能です。

そもそも、大手消費者金融のプロミスは、最も金利が低いカードローンとキャッシングを行っていて人気が高い消費者金融です。

そんなプロミスも申し込みの際に職場への在籍確認の電話があると聞くと、申込を躊躇してしまうものです。

しかし、プロミスも頼めば在籍確認の電話を代用してくれる場合があります。

以前は対応してくれなかったようですが、競合するアコムやモビットなどの消費者金融が電話以外での在籍確認を実施している以上、プロミスも無視できなくなったようです。

ただし、表向きプロミスは自社公式WEB上で在籍確認の電話を省略する申込方法を載せていません。

そのため、携帯電話へ最初の申込確認の電話があった時点で在籍確認の電話を別の方法に変更してもらいたいという依頼をする必要があります。

ただ、受け付けてくれるかどうかはプロミス担当者の判断です。新入社員の方や、職場を転々としている人は本当にその会社で勤務しているかどうかがわからないという不安要素があるため、実際に職場に電話をする必要性があるのです。

もっとも、最近は私用電話を一切取り次がない会社もありますし、個人情報保護観点から不在の際にも会社に勤めてるかどうかの返事もできないというケースが増えてきました。

この場合は、当然プロミスも無条件で電話以外の方法による在籍確認で対応してくれます。

WEBに公表されていないため、まずは担当者に相談することが大事です。そして審査の内容によっては電話審査を回避できない場合もあります。

電話を回避する場合は当然、在籍確認が取れる書類を提出しますが、社員証や給与明細、収入証明書は社名が入っていないと確認できませんから注意が必要です。保険証は会社名が分かる社会保険証のみ在籍確認の代替とみなされ、国民健康保険のように勤務先が明記されていないものは在籍確認が取れません。

在籍確認の省略ができるかどうかの確認の意味も含めて、ネット申し込み完了後に気軽に担当者に相談してみるとスムーズに話が進むかと思います。電話以外の方法で在籍確認ができれば、会社にバレずに借りれるのでやはり安心です。事情があるときちんと説明すれば担当者も理解を示してくれるはずですので、面倒くさがらずに正直に伝えるのがポイントです。