住宅ローンには色々な噂がつきまといます。

プロミスなどの「消費者金融で借入履歴があると、住宅ローンが組めない」と言うのも有名な噂でしょう。

住宅ローンの審査でプロミスの借入履歴がどの程度影響してくるのかについて解説します。

住宅ローンの審査もスコアリング

審査というと、鉛筆ナメナメしてこの人に融資してもいいかなと計算すると思いがちですが、そんな事は過去の事です。

最近では色々な情報をコンピューターに入れれば、その人に与えられる住宅ローン金額を出力してくれるようになっています。

問題はプロミスでの借入履歴がスコアリングに影響するかしないかです。

借入履歴はスコアリングに影響しない

過去の借入については住宅ローンのスコアリング審査に影響はしません。

すでに完済済みである借入に関しては、まったく問題ないものとされています。

ただし現在も借りている、その他カードを解約していないでいつでも借りられる状態とかだと審査に影響してきます。

返済の途中であるとか、解約せずにキャッシング枠が残っている状態であれば、何かしらの影響があると思われます。

全く影響がないというのは誤りです。

住宅ローン審査は銀行による

銀行の中では、プロミスなどの消費者金融の借入履歴に寛容なところもありますが、借入履歴があると露骨に住宅ローン額を減らす銀行もあります。

住宅ローンは一生に一度の大切な契約なのですから、万事を尽くして天命を待つつもりでいきましょう。

プロミスからの借入履歴は住宅ローン審査に多少なりとも影響してくる様です。

キャッシング枠が残っていないか、身辺整理をしてからローン審査に臨むのが良いでしょう。

できる限り住宅ローン審査を受ける前に、解約をする様にしてください。

消費者金融のキャッシング枠は利用しないのであればいつまで持っていてもメリットはあまりありません。

むしろこういう場合でのデメリットの方が多いのは確かです。

いつか困った時に急なお金が必要になるかもしれないという人はローンで家を買うような状況にはならないのではないでしょうか。