カードローンの利用は誰にも内緒にしたいものです。

他人だけでなく特に身近な人には内緒にしたいものです。

家族と共有できるのであれば、お金に困る局面に一緒に乗り切る手段のひとつとしてカードローンはありますが、借り入れの理由を内緒にしたい場合もあります。

家族もそうですが、特に職場には絶対に知られたくない事でしょう。

しかし、カードローンはこのような人にバレる要因が結構多いです。

家族にバレてしまう原因は?

まず、申込の際に契約書などが自宅に郵送されます。特にカードは書留で送られますから目立ちます。

それだけではなく、大手消費者金融のようにコンビニでキャッシングができる場合、利用の都度、自宅にハガキが届くことがあります。

これは、貸金業法でキャッシングの都度伝達しなければいけないことがあるのですが、コンビニATMから出力される用紙では小さすぎて対応できないのです。

結果として後日にハガキで対応することになりますが、郵送物なので家族にバレる可能性が高くなります。

とはいえ、消費者金融側も利用者が家族や周囲の人達に内緒にしておきたいということは把握していますから、郵送なしを伝えればきちんと対応をしています。

WEB明細に登録すれば、郵送物は送られてこなくなります。

月々の利用明細はもちろん、消費者金融からのお知らせも。さらには最初に送られてくる契約書も郵送ではなく、閲覧できるようになります。

公式ホームページにログインすればご自身のページがありますので、そこから様々なネット上のサービスを受ける事が出来ますし、確認が出来ます。

ご自身の利用状況や、残高を届いた書類で確認するのではなく、PCやスマホがあればどこにいても確認する事が出来るのは便利ですね。

大手消費者金融のプロミスは、カードレスキャッングも実現しています。スマホから公式ホームページにログインして指示をするだけで自分の銀行口座に振り込んでくれるのです。

同様のサービスを他社の大手消費者金融でも提供しています。

また、これらのサービスはすべて手数料が無料です。

消費者金融の中で最もオススメなのは?

この点において消費者金融の中で一番オススメできるのはプロミスだと言えます。なぜなら、プロミスはネット上で借り入れから返済まで可能だからです。

現在の消費者金融ではカードレス取引を可能としていることが増えましたが、ネットバンキング経由で返済までできるのはまだまだ数が少ないのが現状です。

カードローンを利用している事を周囲に知られないという意味で、家族に内緒でカードローンを利用したいならばプロミスがお勧めです。

プロミスは申込の際にWEBだけでの契約ができますから、職場への在籍確認の電話に対して要望がある場合は担当者に相談できるのもメリットだと言えます。

事前相談の有無で消費者金融側の対応は違ってきます。

在籍確認の電話審査を相談するタイミング

在籍確認に関して、職場への電話をどうしてもらうかをお願いするタイミングは申し込み完了後すぐが望ましいです。

具体的には、スマホやパソコンからの申込み入力が完了したらそのすぐ後に、担当者からの連絡が入ります。

この確認の電話で、電話審査について相談するのが良いタイミングです。

この担当者からの連絡は申込み後の割とすぐに携帯電話にかかってくるので、すぐに対応しましょう。

この電話で行われるのは、本人確認と、借り入れ意思の確認のふたつになります。

申込みされたのが本人であるかを確かめるために、いくつか質問をしていきます。

申込み入力をしても、さらに詳しく質問をされます。

そして最終的に、今一度、お金を借りることになる事実の確認となります。

それを確認した上で、「今から審査に入る」という流れになります。

そのあたりで、在籍確認の電話審査の方法について相談するのが良いです。

勤務先の職場の状況などを伝え、出来れば電話確認を避けたい理由を伝えましょう。

多種多様な職場で多種多様なルールがあり、そして事情があります。

消費者金融側はそういった様々な事情に対応してきましたので、自分だけを思わずに相談してみましょう。