・プロミスの審査は最短30分で審査結果を出してくれます。

しかし、この所要時間は、あくまで「最短」であり、必ずしも全員が30分以内に審査結果が出るとは限りません。特に問題がなければと言う前提です。
また、プロミスの“審査通過率”は外部公表資料によれば、4割程度だといわれています。

当然個人差はありますので、審査の内容によっては時間がかかってしまう事もあるかもしれませんし、場合によっては条件付きでの審査通過という事もあるでしょう。そうなると時間がかかってしまうのは仕方ありません。

そんなプロミスであっても借り入れ審査を素早く通すコツはあります。

申込みの前にいくつか準備できれば審査がスムーズに進み、最短で完了する事も可能になります。

それにはふたつの方法があります。ひとつは無人契約機からの申込み。そしてスマートフォンからの申込みです。

・無人契約機での申込みのメリット

まず、無人契約機での申込みですが、店舗に出向かなければなりませんが、無人契約機では、プロミスの担当者とはモニター越し、もしくは音声で対峙すれば良いので、心配ありません。

無人契約機を利用することで、担当者とコンタクトをいつでも取ることができます。このことは、審査の過程で何か問題点が浮上した際にすぐ対応できることを意味します。

例えば、住所や氏名に誤字や脱字があると、プロミスはその内容で信用情報を請求してしまうので審査が進みません。最近はブラックリストに載ってしまった人が他人に成りすますために、ちょっとだけ住所氏名を変えて申し込む場合があります。

そのような成りすましと疑われてしまいかねませんし、信用情報を請求してもデータなしと返事が戻ってくると、その時点で自動的に審査落ちになる可能性もゼロとは言えません。

ですが、無人契約機で申込をすればそのような問題は起きません。

自動契約機で入力を間違えたとしても、すぐに運転免許証などを確認させてほしいと連絡をすることができますから、審査をスムーズに続行することができます。

わざわざ無人契約機まで行くのも面倒なのですが、確実にスピーディーに審査を終わらせるためのコツだと言えるでしょう。

・証明書類の事前の用意

それから、あらかじめ証明書類をいくつか用意するというのも時短になって良いというのはあります。

運転免許証、健康保険証などはすぐに用意できるかもしれませんが、顔写真のない健康保険証はそれ単体では身分証明書としては不十分とされるところもあるようです。

社員証やパスポート、もしくは住民票などの証明書類が用意できれば健康保険証と合わせて提示すれば問題ありません。

審査の内容によっては、給与明細などの収入証明書類も提示すると確実になる事もあります。

近くに無人契約機が無いという方もいらっしゃると思いますので、そんな方はスマートフォンでの申込みが大変便利でスムーズなのでオススメです。

・スマートフォンでの申込みのメリット

スマートフォンから申込みを行う最大のメリットは、その場にいてすべて完結するという事ではないでしょうか。

自宅でも会社でも公園からでも【申込み】と【証明書のやり取り】そして契約後の【振込み】まで可能です。

スマートフォンから申込み入力を済ませば、直後にプロミスの担当者から本人確認の電話があります。

審査に必要な身分証明書をスマホの写メで画像変換した後送信します。すぐに審査が始まります。

審査が完了しましたら、公式ページにログインして、自分の銀行口座に振込みをして完了です。

スマホからなら発行されるカードが届く前にすぐに手続きが可能です。