在籍確認とは?

カードローンに申し込みすると審査のひとつに在籍確認があります。必ず行われる在籍確認の審査は銀行でもクレジットカードでももちろん消費者金融でも行われます。毎月の安定した収入があり、返済能力がある方でなければ利用することが出来ないカードローン。無職でないことを確かめるための在籍確認では、職場に直接電話をかけて審査を行います。

電話なし!大手消費者金融のプロミスではカードローンの申し込みの際に行われる在籍確認の勤務先への電話連絡をなしにする事も可能なんです!

選べる!審査の流れでは最後に行われる在籍確認ですが、勤務先に電話がかかってくる方法と、それ以外の方法があります。実は、申し込みされた方は早い段階でどちらを選ぶことも出来るんです!

どちらを選んでもプロミスの審査には影響しませんが、職場の事情や、同僚や上司に知られたくないという不安を感じている方は、プロミスの電話なしでの在籍確認を選ぶのが良いでしょう。

プロミス在籍確認申込み

目次電話なしを選んだ場合は?

電話確認を選んだ場合は?

在籍確認を電話なしで行う場合

申し込みをされる多くの方が心配されるのが、職場への在籍確認の電話です。消費者金融の利用は職場にも家族にも知られたくないという方は多いです。

在籍確認を電話なしをお願いするには?

・電話なしでの在籍確認をお願いするには、プロミス側に職場の事情を伝える必要があります。ただ、電話なしを希望するだけでなく、どうして職場への電話が困るのかを伝えましょう。

・普段めったにかかってこない電話だから、すぐにバレる可能性があるというケース。人数の少ない職場で、電話の相手が誰かすぐに聞かれてしまうような事もあります。また、逆に人数や部署も多い職場は人事が対応する事になりますが、守秘義務から電話対応をしてくれない可能性もあります。

・外部からの私用電話を取り次いでくれないという決まりの会社もあります。在籍確認の電話に対応してもらわないと、在籍しているのに審査に通らないと言った残念な事になってしまいます。

・様々な職場の事情があることはプロミス側も想定している事です。なので、事情を説明し、電話なしでの在籍確認を相談してみるのが良いでしょう。

電話なしでお願いするのはいつ?

・審査が始まる前に相談をする必要があります。そのタイミングは、最初の申し込み入力が完了したすぐ後の、プロミスの担当者からの連絡がベストなタイミングです。

・プロミスの担当者からの最初の連絡は本人の電話にかかってきます。本人確認カードローン利用の意思確認を目的とした電話で、この電話が終わった時点で、審査が始まります。

・このタイミングでプロミス担当者と在籍確認の話ができます。電話をなしにしてもらいたいという要望を相談しましょう。ここで電話なしの約束は得られませんが、ある程度審査状況が進んだ段階で電話なしでも問題なければ、代替方法として提案があるでしょう。

信用情報スコアリングといった審査を進めていく中で、通常なら在籍確認を勤務先への電話確認で行っているところを、電話以外の方法で行うわけですから、それでも問題ないかを審査内容で判断するためです。もしこの段階で微妙な審査結果が出てしまえば、電話なしの要望は汲めないと言うことになり、電話での確認は行われることになります。

・もちろん、在籍確認を行う前に、重大なマイナスポイントがあれば、その時点で申し込みを却下されることになります。

電話以外の方法とは?

・では、電話なしをお願いした場合に、どんな方法で在籍確認を行ってもらえるのでしょうか?

証明書類の追加提出が最も想定される代替方法と言えます。しかし、これは審査の内容によって決まるので、電話なしを希望された方全員が同じ方法になる訳ではありませんので、これとは違うケースもあることは把握しておきましょう。

・もし、書類の追加提出となればどんな書類なのでしょうか?

追加書類健康保険証

社員証

収入証明書

となります。

・この3点はすべて勤務先の情報が表記されているものです。特に社員証は写真もあるので、証明書類としては運転免許証やパスポートに次いで信憑性の高いものです。

・収入証明書は種類がいくつかありますが、直近のものを用意する必要があります。

在籍確認を電話で行う場合

職場に電話がかかってきてもかまわないという方

・電話の内容に問題なければ、職場に在籍確認の電話がかかってきても構わないという方はいらっしゃいます。

・最初に、プロミスの担当者からかかってくる本人確認の電話の時に、何も言わなければ職場に電話連絡は行われるでしょう。もし、電話内容に不安があるのであれば、その際に担当者に確認してみるのが良いでしょう。

電話は個人名でかけてくる

プロミスを名乗ってかけてくることはありません!プロミスの担当者の個人名でかけてくるので、普通の電話と変わりません。

・例えば「もしもし、お世話になっております。ヤマダと申しますが、サイトウ様はいらっしゃいますでしょうか?」といった内容なので、周囲に消費者金融の電話を疑われるようなことはないので安心です。

電話は本人が対応しても良い?

・わざわざ勤務先に電話をかけて確認をするわけですから、本人が電話対応してしまっては審査にならないと捉えている方もいらっしゃいますが、勤務先の電話番号はすでに調べてありますので、その番号での対応であれば、本人でも同僚の方でも問題ありません。

・電話対応の際は「はい、わたくしです。」と答えるだけで完了となります。「ご本人様ということで、少しお時間を頂いてもよろしいでしょうか」となります。

・結果は携帯電話にかけてもらえるように話をすれば良いので、後は契約になります。

あらかじめ周囲に話しておく

・消費者金融とバレたくないとしても、クレジットカード会社からだったり、銀行からだったりすると知られても問題ないと言うこともあります。あらかじめ周囲に、「クレジットカードに申し込んだからその連絡があるかもしれない」と伝えるのもありでしょう。

・在籍確認電話の後で、「クレジットカードに申し込んだからその電話だったかもしれない」と話しても良いでしょう。

最短1時間

在籍確認なしプロミス


消費者金融の申込をすると、やはり何らかの電話連絡があるのは常識だと思っている人が多いでしょう。職場への在籍確認の電話は省略されることが多くなりましたが、電話連絡を完全に省略することは難しいと言われています。

しかし、大手消費者金融のプロミスは、口座振替による返済を選択する場合に限定されますが、Web完結と言う方法で申込むことで電話連絡を完全にシャツトアウトすることができます。

結構先進的な申込方法ですが、プロミスは現在、在籍確認の電話を必要最低限にしていますから、申込に関する連絡をメールだけにすればプロミスからの電話は必要ありません。

身分確認のために運転免許証の提示が必要ですが、これも運転免許証をスマホなどで撮影し、その画像データをプロミスにメールで送信すればいいのです。

あえて電話をしなければいけない理由はどこにもないのです。

実際にこのWeb完結の方法で申込をしてみると、申込書の全てを入力し、これを送信すればいいだけです。

出勤前に落ち着いて自宅で入力するか、通勤電車などで入力すればいいのです。

さほど手間も時間もかかりません。

プロミスは、Web完結だけではなく、キャッシングの方法自体をカードレスに移行することができます。キャッシングが必要な際には自分の銀行口座に振り込ませればいいですし、返済は口座振替であり、余力があればネットバンキングで繰上返済ができるのです。

とはいえ、このWebは、完結職場への電話をなしにしてもらうことも可能ですが、やはり審査内容の結果によってある程度の基準に達している事が前提になります。

そのため、信用情報を取り寄せたところ支払遅延の事績が多くあったり、転職を繰り返しているような人は電話連絡が必要なこともあります。この点だけは要注意でしょう。

その他に大事な信用情報の項目としては、勤続年数があります。実は、勤続年数が長い人(10年以上)の場合は、一切の在籍確認がなく審査に通ったという例もたくさんあります。今まで借入や遅延などがなく勤続年数が長いような人であれば最初から在籍確認はしなくてもお金を貸してくれるのでしょう。

このように在籍確認には多少の個人差がありますが、基本的には必須となっており、電話以外の方法でも完了できるというのが一般的になっています。

※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐに担当者に相談することで、職場への在籍確認の電話について配慮してくれます。