プロミスでお金を借りようと、自動契約機に申し込んだ時、在籍確認の流れはどうなるのでしょうか。

プロミスには無人で申込みが出来る店舗があります。

できれば人と合わずに申込み、そして契約が出来るような流れを希望する方も少なくありません。

そんな時に、無人での申込みの際に行われる審査はどのようになるのか心配される声もあります。

プロミスの自動契約機利用時での審査のひとつ、「在籍確認」について解説します。

プロミスの自動契約機に直接行くと

プロミスの自動契約機では受付時間が9:00~22:00で、土日・祝日もお申し込みが可能となっています。

無人の店舗に入店し、奥の個室にある自動の申込み室で申込み審査が行われます。

プロミスの自動契約機に行くと、基本情報の入力になりますが、あらかじめ審査に必要な書類を用意しておく事が大事です。

モニターに向かってタッチパネルでの操作なので簡単です。

モニター越しにプロミスの担当者とやり取りをしながら審査が進みます。

必要書類について

審査に必要な本人確認書類はどのような物を用意すれば良いでしょうか。

氏名・生年月日・現住所を確認できる物としては、

・運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・健康保険証+1点(住民票の写しなど)・住民基本台帳カード・在留カード/特別永住者証明書

希望する借入額が50万円を超える場合は、収入証明書類が必要になります。50万円以下でしたらその必要はありません。

自動契約機での在籍確認審査はどうなる?

在籍確認の審査は、早い段階で行われる事が多いです。

担当者とのやり取りで、今から勤務先に電話での確認を行うと伝えられます。

その際に、問題ないと答えるか何かわからない事があれば質問するのも良いでしょう。

そういう質問には丁寧に答えてくれます。

30分程度経つと審査が終わって契約手続きに進むことになりカード発行と言う流れです。

後はカードを使って借入をいつでも行う事ができます。

会社が休日で在籍確認ができない時どうなる?!

会社が休日の時、職場への在籍確認電話が出来ません。

こんな時、無駄足になってしまい後日カード発行になるのかというと、プロミスはその辺りを配慮してくれます。

土日に来店しても、勤務先への在籍確認の電話連絡が終わるまでは、少額の融資の提案がされます。

土日の間に3万円でも5万円でも必要なのであれば、すぐに借入れが可能になります。

次の営業日にあらためて在籍確認を行い、問題なければ、残りの希望可能額を借入可能に変更してもらえます。

プロミスの担当者は臨機応変に対応してくれますので、安心です。

自動契約機にいきなり行かない方がいい?

自動契約機に行った方が『何となく早く審査してくれるのでは?』と思ってしまいますが、本審査で多少待たされるので結構苦痛に感じる人は多くいます。

いきなり自動契約機に行かずに、まずはスマートフォンやパソコンなど、WEBで申し込んでから自動契約機に訪れた方がいいでしょう。

自動契約機で審査を行ってもらうのではなく、審査を終えて、発行されるカードを受け取るために自動契約機を利用するという目的になります。

まとめ

自動契約機を利用した時の在籍確認はその場で行ってくれることが多いです。

審査の約30分の間にいくつかの審査と在籍確認の審査も行いますので、モニターで契約後の利用方法の紹介ビデオを見ている間に結果が出ます。

土日の在籍確認がうまく出来なくても、週末開けに勤務先へ電話確認する事を約束して、少額の融資をしてくれるので、それで土日の出費の足しにすると良いでしょう。