『自営業は固定電話が無いとキャッシングができない』と聞いたことはありませんか。

プロミスを含め、殆どのキャッシング業者は固定電話が無くても融資を行ってくれるようです。

固定電話のない自営業のケースでは在籍確認審査はどうなるのかについて解説します。

・自営業者だからと言って、固定電話が必要なわけでは無い

自営業といっても、飲食店や八百屋さんから、パソコンで作業するノマドワーカーなど様々な種類があります。

そのすべての自営業者が固定電話を持っているわけではありません。

固定電話が無いと、就業の実態はわかりにくくなりますが、固定電話があったからと言って自営業を営んでいると確認できる訳ではありません。

昔は固定電話の有無にこだわっていたカードローン業者もいたようですが、現在ではそんなにこだわってはいない様です。

プロミスでも、固定電話が必ずしも必要と言ったような措置はとっていないとされています。

・源泉徴収票などの書類を以てして在籍確認とする場合がある

自営業者の方の在籍確認は、電話で行っても就業の実態は確認できません。

そこで、プロミスでは源泉徴収票や財務申告の際に提出した書類を以てして、自営業で稼いでいるという実態を把握するといった方法をとる事があります。

書類があれば、在籍確認の替わりとする事が出来ます。

プロミスの場合、固定電話がなくても融通を利かせてくれる事があるようです。

先ずは申し込みの前に相談をしてみましょう。

どの様な書類なら用意できるかという事も、併せて伝えるといいでしょう。