『自営業は固定電話が無いとキャッシングができない』と聞いたことはありませんか。

自宅に固定電話があるのは当たり前と考えている方もいるかもしれませんが、携帯電話がひとり一台以上所有している今では固定電話を必要としないで暮らしている方も少なくありません。

以前では審査に必要だった固定電話の番号も最近では必須項目ではない場合もあるようです。

ですので、プロミスを含め、殆どのキャッシング業者は固定電話が無くても融資を行ってくれるようです。

固定電話のない自営業のケースでは在籍確認審査はどうなるのかについて解説します。

・自営業者だからと言って、固定電話が必要なわけでは無い

自営業といっても、飲食店や八百屋さんから、パソコンで作業するノマドワーカーなど様々な種類があります。

そのすべての自営業者が固定電話を持っているわけではありません。

固定電話が無いと、就業の実態はわかりにくくなりますが、固定電話があったからと言って自営業を営んでいると確認できる訳ではありません。

昔は固定電話の有無にこだわっていたカードローン業者もいたようですが、現在ではそんなにこだわってはいない様です。

プロミスでも、固定電話が必ずしも必要と言ったような措置はとっていないとされています。

・自営業者や個人事業主では在籍確認の審査はどうなるのか?

自営業者の方の在籍確認は、電話で行っても就業の実態は確認できない場合があります。

そこでプロミスは、自営業者や個人事業主に対して、電話以外の方法でも在籍確認の審査が行える代替案を用意しています。

そのためにはまずプロミスの担当者に相談する事が必要です。

自営業でも個人事業主でも、毎月の安定した収入があるという事を証明するための審査のひとつですから、在籍確認はとても重要です。

審査の内容によっては、電話確認以外の選択肢がない場合もあります。

自営業者でも個人事業主でもそうですが、正規雇用と比べると収入が不安定と判断されてしまいます。

ですので、借り入れの限度額は低めに設定されてしまう事があると思います。

とはいえ、その職業を長期に渡って安定した収入を維持している事が証明できれば、限度額も変わってくる事もあります。

勤続年数が長いと判断されるのと同じです。