カードローンで100万以上の高額融資を受けたいとき、注意すべき点についてご存知ですか?

プロミスなど消費者金融での主な利用方法としては、少額の借り入れになりますが、それでも高額融資を希望する事情というのもあります。

プロミスでは借入限度額が500万円までとなっているので、プロミスでの高額融資を期待する方もいらっしゃると思います。

しかし、闇雲に申し込んでしまうと、希望額に届かなくなる事がありますし、場合によっては少額での借り入れも厳しくなる事もあります。

100万以上の高額融資を受けたいとき、注意すべき点について解説します。

カードローンで100万以上の高額融資は銀行カードローンから

100万以上の高額融資を受けたいとき、最初から消費者金融での借り入れを考えない方が良いかもしれません。

高額融資が希望であれば、まず申し込むのは銀行のカードローンが良いでしょう。

消費者金融に借入がある状態で銀行カードローンに申し込むと、銀行カードローンの方が敷居は高くなるため審査に落とされやすくなります。

逆に消費者金融は銀行カードローンから目一杯借りていても、融資をしてくれる可能性はあります。

100万以上の高額融資を受けたいのであれば、まず銀行カードローンから申し込むようにしてください。

100万以上の高額融資を受けたいなら総量規制に注意する

総量規制とは年収の3分の1までしか貸付を行えない貸金業者のルールです。

銀行は貸金業者ではありませんので、総量規制の例外に位置します。

消費者金融は年収の3分の1しか融資できないので、注意しながら申し込みを行う必要があります。

クレジットカードのキャッシングやカードローンも消費者金融と同じ総量規制対象内に該当しますので要注意です。

大きな金額のお金を借りるなら、まず銀行からできるだけ沢山借りて、それから足りない分を総量規制の範囲内で消費者金融から借りるのが賢い借り入れ方法ということになります。

100万以上の高額融資を受けてちゃんと返せるか注意する

借金には当然どこで借入しても利息が発生します。

100万以上の高額融資となると、発生する利息も当然大きな金額になるわけです。

100万以上もの高額融資を受けてもきちんと返せるのか、返済計画をキチンと立ててから利用するようにしましょう。

当然ながら金融機関からの高額融資には多くの注意しなければいけない点があります。

当然、大口融資をすると金利も下がるので100万前後の借り入れよりも長期でのんびり返済していく分には利用しやすい面もあるかもしれません。

一つ言えるのは、将来的に住宅ローンや子供の教育ローンなど、銀行での高額融資を考えてる方は、消費者金融での大口の借金はやめておくべきです。

間違いなく銀行のローン審査に影響してしまいます。

まとめ

高額融資を希望するなら、消費者金融ではなく銀行か信販会社が望ましいでしょう。

銀行に比べ金利の高い消費者金融は、高額融資向けではありません。

例え、消費者金融の借入限度額が500万円となっていても、高額融資を消費者金融で行うのはやめましょう。

仕組みをよく理解して、上手に融資を受けてください。