プロミスの在籍確認の際、電話連絡は派遣会社と派遣先のどちらにかかってくるのでしょうか?

結論から言えば、在籍確認の審査は派遣元である登録会社に電話をするのが一般的です。やむをえない事情がある場合は派遣先の職場で対応してもらえる事もあるので相談可能です。

そもそも派遣のように期間限定で仕事をしていると、安定性がない為、消費者金融に申込をしても審査で落とされるだろうと絶望的に考えている人が多いようです。

しかし、実際にはそのようなことはなく派遣の仕事をしていても消費者金融の審査に通って利用をしている人は少なくありません。派遣でも同じ登録会社での勤続年数が長いケースであれば正社員と同じくらいの信用度があります。

収入の多い少ないは実はそれほど審査に関係なく、それよりも派遣であっても勤続年数が長い方が審査に有利とされています。

他に派遣社員が借入審査で気を付けるべき点としては、他社借り入れ件数や金額を少なくしておく事や、CICやJICC等の信用機関情報に傷をつけない(返済の遅延、多重債務をしない等)ことなどが必須となります。

これらに問題なければ特に大手の優良消費者金融であるプロミスは派遣でも安心してお金を借りれると評判です。

そうとは言っても派遣の仕事をしている人は、初めて消費者金融の申込をする際に、在籍確認の電話がどうなるかを不安に思っている人が多いようです。

そもそも在籍確認の目的は、本当に職場で働いているかを確認することです。

派遣であっても正社員でも全ての人に言えることですが、プロミスのカードローンは無担保融資なので、給与収入がないとお金を借りても返済することができません。そのため、返済できることを確認しなければいけないのです。

その手段として一番確実なのは、実際に職場に電話をすることで本人と話をすることです。職場(派遣元)に電話をして本人がいれば、確実に勤務しているかがわかります。

しかし、派遣の仕事をしている人は、実際に給料は派遣会社からもらっていますが、仕事は派遣先の会社でしています。言うなれば、勤務先が2つあるようなものです。

とはいえ、先ほどの在籍確認の目的からすれば、在籍確認の電話はお給料を出している派遣会社に対してされることは明白です。もちろん、派遣会社に電話をしても、当然本人は不在ですのでわざわざ派遣先と派遣元の両方に在籍確認をすることもありません。

もっとも、プロミスでは、在籍確認の審査に関して、電話以外の方法に対して要望がある場合には、申込完了後すぐに担当者に相談することで派遣社員であっても問題なく電話審査を回避できるようになっています。

そして中には稀に派遣の仕事を掛け持ちしている方もいらっしゃいます。2つ以上の派遣会社で働いてる方はどちらに在籍確認をしてもらえばいいのか分からないケースも多いようです。このような際には、お給料が多い方の派遣会社を記載すればいいでしょう。お給料が多い=メインで働いてる会社となるので、安定収入とみなされ審査にも通りやすくなるでしょう。

担保や保証人が必要ないのは消費者金融の大きな特徴です。保証人をたてるとなると第三者を巻き込まざるを得ません。その点、消費者金融は働いて安定した収入がある事を証明ができれば、非正規雇用であっても問題なく借り入れが可能なので急いでお金が必要な際にはやっぱり一番安心して利用できると言えます。