絶対借りれる金融とは、いわゆる闇金のことです。

闇金は超ブラックだろうとなんだろうと、絶対に借りることができますが、とても危険な行為になります。

というのも闇金は、

①利息が高く完済できない

②闇金の被害件数は減っているが、その分被害額は増えている

③被害額が大きい分、トラブルも大きい

となっているからです。

超ブラックでも借りることができると言われる、絶対借りれる金融について解説します。

・超ブラックでも借りれる金融の利息

超ブラックでも借りれる金融は、実は審査を行っていません。

審査をしようにも非合法の組織ですので、信用情報機関にアクセスできないためです。

そのため適当な文言でお金を搾取しようとします。

利息は10日で3割のことが多く、最初に借りた金額の3割を差し引かれる形態が一般的です。

今お金がない人が10日後に3割上増しして支払えるわけはないので、借金は1ヶ月で倍以上に膨らみます。

・闇金は大人しくなったは間違い

最近はソフトヤミ金など妙な闇金融が増えています。

なんとなく昔の闇金より優しくなったイメージがありますが、これは間違いです。

一人当たりの被害額は闇金融全盛期と呼ばれた時代より増えていますので、一度顧客になったら最後、執拗に追いかけ回されます。

貸している金額が多くなりますので、貸す側も簡単には諦めないのです。

超ブラックでも絶対に借りれる金融には近づいてはいけません。

お金がない時は物を売る、それでもない時は諦めるようにしてください。