カードローンの審査に1度合格すれば、その後もずっと利用し続けられるイメージは強いです。

しかしカードローン契約中でも途上与信が実施されています。

なぜ申込み時の審査に合格しているのに途上与信が行われるのか、疑問に感じる方は多いのではないでしょうか。

そこでどんな与信なのか、どんな仕組みなのかこれから解説していきます。

途上与信とは?

カードローン会社により与えられる枠のことを与信枠と呼んでいます。

審査によって与信枠が決定され、顧客が借入できるのは与信枠の範囲までです。

カードローン契約中の顧客に対し、与信枠の見直しを行うための再審査が途上与信となります。

なぜ途上与信を行うのか、それは期間の経過とともに顧客の利用状況などが変わっていくからです。

優良な利用実績を上げていれば途上与信によって与信枠が上がることがあります。

しかし返済の遅延があると途上与信によって下げられることがあるのです。

最悪のケースではカード利用停止などのペナルティーを受けることがあるため、返済の遅延には特に注意して下さい。

他社借入状況にも注意

貸金業者のカードローンは年収3分の1以上は借入できない総量規制の対象です。

カードローン契約中に他社借入が多くなると、総量規制に引っ掛かる恐れがあります。

そのため途上与信では顧客の信用情報を確認し、借入残高を調べているのです。

この時に借入残高が多いと途上与信によって与信枠が下げられる恐れがあります。

下げられると困る時は他社であっても借りすぎないように注意して下さい。

複数社から借りている場合はおまとめローンを利用し、1社にまとめると良いでしょう。

おまとめローンなら総量規制の対象外となります。