銀行系と消費者金融系のカードローンで最大の違いは金利と在籍確認の差です。

銀行のほうが金利が低いのは当たり前ですが、その分だけ審査が難しく時間がかかると言えます。

消費者金融は銀行より金利が高い分、即日融資も可能ですし、審査基準も少ない傾向にあります。

あとは、銀行のメリットは審査基準うんぬんより、年収の3分の1という融資制限がある消費者金融のカードローンは、年収の割に少額なカードローンしか契約することができません。

これに対し、銀行系カードローンはこのような融資制限がありません。

信用力がある人なら年収の半分程度の利用限度額が提示され、それに応じた低金利でカードローンの利用ができます。

また、収入がなければ貸付ができない消費者金融に対し、銀行系カードローンであれば旦那さんの収入をアテにして専業主婦の方も利用可能な場合があります。

このように総量規制という融資制限の有無は、両者の決定的な差を生み出しています。

また、カードローンの利点として、全国のコンビニATMを利用できる点が挙げられます。

銀行系も消費者金融でも大手であれば可能です。

しかし、手数料の有無は両社の明暗を分けます

オリックス銀行カードローンのように銀行系カードローンではコンビニATMなど利用できるATMの数が多く、かつ手数料も無料です

これに対し、消費者金融は業界トップのプロミスやアコムでもATM利用範囲は遜色ないものの、ATM利用手数料は必要です。

これは、銀行の顧客は消費者金融に比べれば段違いに多く、ATMの利用も借入だけに特化している消費者金融に対し、預金などの取引も借入も双方ある銀行は利用回数が多いのです。

結果として、利用回数の多いほうが手数料の単価を安くすることが可能であり、顧客の負担する手数料にも差が出るのです。

ATM手数料は、毎月の約定返済額から控除されますから、これが無料か否かで元本返済ペースが変わります。

ただし、消費者金融でもプロミスのようにネット取引が充実している消費者金融であれば完璧なカードレス取引を実現できるため、ATM手数利用の心配は無用です。

※情報更新

2017年秋現在、銀行カードローンの過剰融資が問題となり、金融庁からの立ち入り調査が行われました。その結果、消費者金融と違い、銀行には総量規制がないため、高利回り目当てに融資拡大をしてきた事が明らかになり、今後の宣伝自粛と審査の強化を申し合わせられました。この影響により、銀行カードローン審査は厳しくならざるをえなくなり、なかなか借りれない人が増えると思われます。

やはり多少金利が高くても総量規制対象内で融資を行ってる消費者金融の方がある意味、使いやすく審査にも迅速に対応してくれるサービス力があると言えそうです。