プロミスのカードが急に使用不能になると、パニックになってしまいます。

これはキャッシングカードでもクレジットカードでも同じですが、突然使えなくなるということは稀にあります。ですが理由なく、または予告もなく使えなくなったりすることはまずないでしょう。

プロミスのカードが使えなくなる原因は4つあるのです。

プロミスカードが使えなくなる原因と、利用再開に必要な手続きについて解説します。

よくある原因 限度額一杯まで借りている

単純なミスを犯しやすいですが、カードが使えない時は限度額を考え直してみましょう。

限度額が50万円なのに、それ以上に引き出そうとすると使うことはできません。

他社で借りたことにより、総量規制の影響を受けて限度額が削られている時も。

プロミスカードが使えない時はけ限度額の見直しから始めてください。

よくある原因 利用状態が悪い

遅延など利用状態が悪いとみなされると、限度額をゼロにされる場合があります。

その場合はカードが使えないのではなく、新規借り入れができない状態です。

遅延を解消して、枠をもう一度戻してくれないかお願いしてみるといいでしょう。

申し込みの際の虚偽申告や他社延滞でも使えなくなる

虚偽申告がバレた場合、即座にカード停止の措置がとられます。

そのほかに多いのは他社延滞を行なった為の利用停止です。

プロミスは信用情報機関を定期的にチェックしており、他社延滞の情報は比較的すぐに把握します。

延滞はキャッシングだけでなく、クレジットカード、その他にもスマホの分割払い、賃貸の保証会社の延滞でも把握される事があります。

利用を再開したい時はプロミスのコールセンターに電話をして、対応をお願いしてみてください。

延滞などでは対応してもらえない事もありますが、原因の把握のためにも調査をしておいた方がいいでしょう。