消費者金融でお金を借りる場合、総量規制という融資制限があります。他の無担保融資も含めて年収の3分の1以内に融資を留めるという融資制限は、賛否両論がありますが、年収が500万程度を超える方の場合、制限が強すぎると言われています。

つまり、消費者金融の審査基準からするともっと貸せるのに、総量規制のおかげで目いっぱい貸せないという事態になっているのです。

そのような人は、消費者金融をあきらめて、銀行などの総量規制対象外の金融機関で融資を受けることになります。

銀行の審査は消費者金融より厳しいと言われていますが、ある程度の年収があると返済の確実性が増してくるため審査は緩めになる傾向にあります。逆に年収が低いと審査も厳しくなります。

銀行の中には商品説明書に年収に応じた最高融資限度額を開示しているケースがあります。銀行によって基準に差異はありますが、たいてい500万円を超えると年収の半分程度を上限としていることが多いようです。

金融機関の審査は「リスクをどこまで負えるか」という基準で行われる部分があります。つまり、お金を貸すという事は申込者が貸倒になるリスクを負う事であり、貸倒に備えて保証料を積み立てているのです。

貸倒リスクが少なければ保証料は少額でもいいので、銀行系カードローンのような低金利でも貸付ができます。消費者金融より低金利の銀行系カードローンは人気ですが審査が厳しいのはこのような理由です。

そして、総量規制対象外のため年収が高ければ消費者金融より高い融資限度額を設定できますが、年収が低いとリスクが高くなり低金利では契約できません。
総量規制対象外だから消費者金融より有利に借入ができると決めつけるのは早計です。