プロミスの金利引き下げ交渉で金利を引き下げられるって知っていますか。

しかもプロミスの金利引き下げ交渉は自分の好きな時にできるのです。

プロミスの金利引き下げ交渉方法について解説します。

プロミスの金利引き下げはコールセンターから

プロミスに対して金利引き下げを交渉するときは、コールセンターから連絡をするといいでしょう。

コールセンターは営業時間中であれば、好きな時に電話をかけて大丈夫です。

プロミスの担当者は連絡を受けて、金利引き下げの為の検討に入ります。

借入限度額を上げるのと同時に行う

借入限度額によって法定金利は変わります。

プロミスの場合は、100万円以上の借入限度額を設定した場合、金利は15パーセント以下に下がります。

与信や属性がいい人に限定されますが、借入限度額の増額と金利引き下げ交渉は同時に行った方がいいのです。

交渉テクを使おう

プロミス担当者もそのまま金利を引き下げるというのは社内説明で理由が無いので出来ないと断られる事があります。

そこで理由を作ってあげる交渉術を使うといいでしょう。

金利を引き下げてくれたら借入額を増やすや、他社からの借入を1本にまとめる、金利を引き下げてくれないなら他社に移動するなどといった交渉を行うといいでしょう。

プロミスの金利引き下げ、あの手この手を使って行う必要があります。

上手に交渉して金利引き下げをできると良いですね。