現在の消費者金融は、少額の借入であれば収入証明書なしで借入が可能です。

査の中でも重要な収入を証明するための書類を提示しなくても借りることができるのは安心ですね。
その基準は、50万円以下で、かつ他の金融機関からの無担保融資と今回の借入合計が100万円以下という場合です。

消費者金融でいくら借りるかは人によりますが、特に大きな金額を必要としなければ、この範囲内に留めた方が面倒なことがありません。

もっとも、消費者金融の本音は収入証明書を確認したいのであり、それはプロミスなどの「キャンペーン」を見れば明らかです。

大手消費者金融のプロミスでは、よく収入証明書を提示すると抽選ができるというキャンペーンを繰り広げており、毎年のように顧客の収入証明書が提示されるように仕向けています。

プロミスの「会員サービス」でも、収入証明書の提示で「ポイント」が付き、これを貯めると無利息期間の権利を取得できます。

他の大手消費者金融でも本音は同じで、収入証明書は不要と言いながら、実は収入証明書を確認しないと審査の精度が保たれないため、確認したいのです。

もっとも、収入証明書不要と言われているのですから、無理に提示する必要はありません。

ただし、収入証明書がないと、その人の収入が申込書に記載されたとおりであるという保証がないことも事実です。

消費者金融では、ある程度の「統計データ」を持っていますから、年齢や職業からある程度は収入の推測が可能です。

もし、その範囲内からあまりにかけ離れた数字を申込書に入力する人は、ひょっとしたら消費者金融から収入証明書の提示を求められるかもしれません。

消費者金融の審査で一番重視されるのは、収入です。

そのため、収入のデータが確実でなければ、審査ではかなり不利になることは覚悟する必要があります。