借入の年利って、数字に強くないと何だかよくわからなくありませんか。

年利は利息を決める大事な要素です。

借入の年利について詳しく解説します。

年利とは何?

年利とは元本に対する利子の1年間の割合の事を言います。

年利15%で100万円を借りた場合、100万円×15%となる15万円の利息が発生します。

但し、全てのカードローンは1か月ごとに分割して返済していきますので、途中で元本が少なくなり、実際に払う支払利息はこれ以下になります。

年利から利息の計算方法

年利から利息を計算する場合は、

◆借入残高×借入利率÷365×利用日数

で計算されます。

多くのカードローンは1か月ごとに返済日が到来しますので、100万円を15%で借りて31日後の支払利息は、

100万円×15%÷365×31日=12,739円

になります。

これに元本返済分を合わせて、2万円程度返済していくルールを採用している所がカードローンには多そうです。

年利が低ければ低いほど完済が早くなる

年利が低くなるという事は、日々発生する利息が少なくなるという事ですから、当然同じ金額を返済していれば金利が低い方が完済に近づきます。

100万円を10%で借りた場合の31日後の支払利息は、

100万円×10%÷365×31日=8,493円ですから、

上述の例と比べ4,000円以上支払利息が少なくなるのです。

同じ2万円を返済していけば、元金が減って、次の月から発生する利息も減りますから、どんどん返済が進みます。

年利はコストを決める重要な要素です。

借入期間が長期化する時は、なるべくリーズナブルな年利の所に申し込みましょう。