JBA(全国銀行個人信用情報センター)は銀行が主体となって作った信用情報機関です。

JBA他のJICC・CICとはどう異なるかというと、
①会員になっている企業が違い主体は銀行

②記録されている情報も若干違う
といった特徴があります。

JBAが銀行主体の信用情報を管理しているのに対して、CIC/JICCは消費者金融やクレジットカード会社、そして信販会社などの情報を主に管理しています。

では、JBAについてより解説します。

JBAとはどういうところ?

JBA(全国銀行個人信用情報センター)は冒頭で書いたように銀行が主体の信用情報機関になりますから、記録されている情報は銀行からのローンが主になります。

CIC・JICCに記録されているようなカードローン情報は量としては少ないです。

例えばCIC・JICC・JBA(全国銀行個人信用情報センター)3つに加盟している大手メガバンクは全ての情報を3つの信用情報機関に通知しますが、JBA(全国銀行個人信用情報センター)1つにしか登録していない信用金庫などの住宅ローン情報は加盟している所だけしか通知はしていません。

JBA(全国銀行個人信用情報センター)とCIC・JICCの連携

CIC・JICCで滞納情報が記録されると、JBA(全国銀行個人信用情報センター)にも情報が提供されるのでしょうか?

答えは2~3ヶ月以上の長期滞納をすると異動情報になり、信用情報機関全てに共有されます。

逆にJBA(全国銀行個人信用情報センター)しか加入していない信用情報機関で異動情報を記録した場合も、CIC・JICCに情報が渡ります。

住宅ローンの滞納や奨学金の滞納も概ね3か月を超えると、異動情報(事故情報・ブラック)扱いです。

滞納しても異動情報になる前に、なんとしても解消しましょう。

JBA(全国銀行個人信用情報センター)はカードローンやクレジットカードの審査ではあまり使われません。

異動情報になると全ての信用情報機関が汚れますので、滞納は短期間で終わらせるようにしてください。