消費者金融カードローンの中には、無利息期間サービスを提供するものがあります。

少額の借入なら低金利のカードローンより、お得になりやすいです。

なぜお得になるのか、理由を知りたい方は次をご覧下さい。

少額の借入なら無利息期間内に完済しやすい

無利息期間を提供するカードローンの多くで30日間限定です。

30日間を過ぎると、通常の利息に戻ります。

無利息期間サービスがあっても、消費者金融のカードローンは金利が高いため、高額な借入の場合は低金利カードローンのほうがお得です。

しかし、少額の借入なら30日間の無利息期間内に完済しやすいため、利息ゼロで済ませられるのです。

給料日さえ来ればすぐ完済できるという状況の時は、無利息期間の消費者金融のカードローンのほうがお得です。

シミュレーションで比較

カードローンの低金利とは、いったいどの位なのでしょうか?

年14.6%だと低金利のカードローンと言えます。

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は金利は最大年14.6%の設定です。

「バンクイック」で5万円借入し、60日で返済した場合の利息は914円となります。

アイフルのカードローンでは、最大年18.0%の金利です。

アイフルで5万円借入し、60日で完済した場合は、通常1,142円の利息が発生します。

1回目の返済時に764円の利息、2回目の返済時に378円の利息です。

無利息期間サービスを考えずに計算した場合、バンクイックよりアイフルのほうが利息が高くなります。

しかし、無利息期間サービスを考えて計算すると、30日分の利息がゼロになるアイフルのほうがお得です。

まとめ

何千円何万円も差が出る訳ではありませんが、カードローンと新規契約する時は、お得な無利息期間サービスに注目してみて下さい。

ただし、初回のみのため、何度も利用できないサービスとなっています。