『カードローン審査に落ちて、すぐ別のところに申し込んではいけない』と言う話しをよく聞きます。

カードローン審査に落ちた後、再申し込みをするかどうかのタイミングを考えないと、申し込みブラック現象で次回の新規申し込みで審査落ちしてしまうとの事です。

カードローン審査に落ちた後の再申し込みのタイミングについて解説します。

仮審査に落ちただけならいつでもいい

新常識として、カードローン審査で仮審査に落ちた場合は、申し込みブラックは発生しないと言う事があります。

申し込みブラックは、信用情報機関に他のカードローン会社が照会した事が記録されているところから始まります。

仮審査の段階では多くの金融機関はまだ信用情報機関に照会していません。

つまり、カードローン審査への再申し込みはいつでもいいと言うことになります。

不安な人は再申し込みまでに3ヶ月あける

それでも不安な人は、落ちたと判明してから3ヶ月程度期間をあけるといいでしょう。

カード会社の照会が消えるのは6ヶ月後ですが、通常3ヶ月あければカード会社は気にしなくなります。

流れで言いますと、新規申し込みがあった際に、信用情報機関に情報を照会します。

その時に、3ヶ月前の申し込み履歴があったとしても、それを理由に申し込みを拒むということはないでしょう。

担当者の裁量で判断される部分もあると思いますが、悪質でなければさほど問題ありません。

本審査で落とされた場合は再申し込みはではなく開示請求

カードローン審査の仮審査を通過して、本審査まで進んだのに落とされる事があります。

何故、本審査で落とされたのか知りたいところですが、審査の内容を教えてもらうことはできません。

ですが、ご自身の信用情報がどうなっているかは知ることができます。

この場合は信用情報機関に悪い情報が記録されていないか確かめることができます。

自分で簡単に申請ができます。手数料は1000円になります。

信用情報機関にご自身の「クレジットカード」や「カードローン」または「携帯電話」の、過去の利用履歴が載っています。

チェックすべきなのは、「返済の遅れ」です。一度や二度なら問題ありません。

しかし、何度も遅延を繰り返している状態なら、督促の連絡も何度も来ていることでしょう。

悪質な遅延行為が何度もあれば、一括返済や解約を言い渡されたり、債務整理や最終的には自己破産という流れもあるでしょう。

こういったケースでは、ブラックリスト入りしているかもしれませんので、理由をはっきり見つけないと今後ずっと審査落ちというパターンに陥ってしまうからです。

いずれにしてもカードローンの審査に落ちた時の再申し込みタイミングはケースバイケースです。

多重債務や自己破産の履歴が残っているなら、5年待てば履歴情報が消えることがあります。

申し込みブラックの場合は3ヶ月空けておけば、基本的に安心ですので心配なようなら3ヶ月空けて申し込んでください。