大手の消費者金融が安心な理由

俗に「闇金」といわれる企業は、正確には貸金業法などの関連法令を守らない違法な貸し付けを行う金融機関ということになります。

ですから一番簡単な見分け方は貸金業法における登録の有無を確認することです。

貸金業法では貸金業者に対して財務局長又は都道府県知事の登録を受けることを義務づけています。

こういった登録番号はホームページやチラシなどに必ず記載されているので、この登録番号がない企業は闇金と判断して問題ありません。

ちなみにカードの現金化を行うような企業では古物商の登録をそれらしく書いて認可をうけているようなふりをしている企業がありますが、古物商の登録はまったく違うので間違えないようにしましょう。

また闇金側も工夫をしており、実際に存在する企業名と登録番号を勝手になのったりありもしない番号を記載する会社もあります。

そういった場合、次に確認するのは連絡先です。貸金業法では携帯電話を連絡先とすることを認めていないので、連絡先が携帯電話になっている場合は闇金であるといえます。

また実際の契約の場面で20%以上の金利で契約を結ぶのも違法行為なので闇金です。

基本的には貸金業の登録を受けている企業かどうかを確認し、連絡先や住所がしっかりとしたものかも確認しておけば問題がありません。

ただこういったことを確認するのは何かと面倒なのが実情であり、そういった危険性が少なく信頼できる大手消費者金融が安心な理由がそこにあります。

銀行はもちろんのこと、大手の消費者金融などで審査に通らず、利用することができなくなった方達の受け皿になっている事は事実です。

そうならないためにも返済の遅れがないように確実に返済していきましょう。